• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > “誤審連発”に中日怒る「審判で負けた試合」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“誤審連発”に中日怒る「審判で負けた試合」


 中日が、2―3で敗れた19日の日本ハム戦における審判の判定を不服とし、NPBに意見書を提出することになった。

 

 問題視したのは3回、日本ハム・中島の三遊間へのゴロを三塁手・エルナンデスが処理して一塁へ送球し、タイミングはアウトに見えたが、中村一塁塁審にセーフと判定されたこと。4回、ナニータが初球のボール球にバットを止めたのに、山路球審にファウルと判定されたこと。2点を追う8回に先頭の亀沢が二ゴロを放ち、一塁へヘッドスライディングし、セーフのタイミングが中村塁審にアウトと判定されたこと。いずれの場面でも谷繁監督は血相を変えてベンチを飛び出して抗議していた。

 

 試合後の指揮官は「そこに関しては僕が言うといろいろあるんで」と口を閉ざしたが、チーム関係者は「審判で負けた試合。あんなことをやられたらたまらないよ!」と吐き捨てた。西山球団代表は「すべてをビデオで確認した。中島選手の足は明らかに(送球より先に一塁に)ついていない。ナニータは明らかに(バットが)ボールに触れていない。亀沢は明らかに先にベースに手がついている。こういう1、2点を争う場面で正確な判定をしてもらわないと大きく響くことがある」と語気を強めた。

 

 さらに別の関係者はこう憤る。「そもそも2回表の先頭打者だった(日本ハム)中田が(ノーボール、2ストライクからの)3球目をスイングしたように見えたのに、(中村)一塁塁審が振っていないと判定したことから始まった。首脳陣も選手もみんな“三振だったのにひどいな”と言っていたら(誤審が)続いたからね」。中村塁審は「その場でのジャッジですから覆りません」と話したが、中日内の審判への不信感は高まるばかりだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!