• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 昨夏U-18W杯主将のひそかな目標「清宮や高校後輩の敵として…」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夏U-18W杯主将のひそかな目標「清宮や高校後輩の敵として…」


現在は筑波大でプレーしている篠原

【気になるあの人を追跡調査!野球探偵の備忘録(18)】昨夏のU―18ベースボールワールドカップでは主将としてチームをまとめ、9試合で30打数10安打8打点と日本代表の準Vに貢献した篠原涼内野手(敦賀気比=19)は現在、筑波大で練習漬けの日々を送っている。大学での現状、チームメートへの思い…。楽天・オコエや早実・清宮、ロッテ・平沢など、個性派チームをまとめたジャパンのキャプテンが、次なる目標を語った。

 

 3度の甲子園出場と全国制覇を経験した敦賀気比のキャプテンも、大学の公式戦ではいまだ2打席2三振。守備位置も高校時代のサードからセカンドに移り、慣れない環境に四苦八苦の毎日だ。

 

「今までと全然違う野球に戸惑ってます。高校ではシンプルに打つ・守るということをやってきたのが、大学では常に先のことを考えたり、足を絡めたり、どっち方向に打てだとか、いろんなところに気を使う。大胆な野球ができず、ちょっと窮屈な感じはありますね」

 

 昨年のU―18日本代表の進学組は多くが東京六大学に進み、しのぎを削っているが、筑波大の所属する首都大学野球リーグは篠原のほかには東海大に杉崎成輝(東海大相模)がいるのみ。本心では“自分も六大学に”との気持ちがあったという。

 

「学力的には早慶も狙えたんですが、高校の監督や周りのいろんな人から筑波を薦められて。こんなこと言ったら怒られるかもしれませんが、六大学への未練はまだちょっとあります(笑い)」

 

 U―18の主将経験からは多くのことを学んだ。

 

「最初は人数が少ないから簡単だなと思っていたんですが、チームが違えば考え方や練習法も違う。誰か一人とめちゃくちゃ仲良くならないようには気をつけてました。性格的に仲良くなるとずっとその人と一緒にいてしまうんですが、自分はキャプテンという立場。常に全体を見れるように、(現ロッテの)成田や(現広島の高橋)樹也のようなおとなしいグループと(現中日の)小笠原みたいなうるさいやつをどうまとめるかとか。短い間だったけどいいチームになったと思う」

 

 次期代表にもまずはチームになることが何より先決だと説く。

 

 そんな篠原には今、ひそかな目標がある。

 

「今年のU―18でも大学代表との壮行試合がある。清宮や(敦賀気比の後輩の)山崎と、今度は敵同士でやりたい。(大学代表入りは)今年はさすがに難しいかもしれないけど、最初から諦めていたら何も始まらないので。選ばれたからには世代の代表だという意識はあります」

 

 かつての仲間と再び日の丸のもとに集う日を目指して。ジャパンのキャプテンは今日も練習に励む。

 

 ☆しのはら・りょう 1997年5月5日生まれ、静岡県富士宮市出身。小学1年生のとき軟式野球チーム鷹岡少年野球団で野球を始める。中学では富士宮シニアに所属。敦賀気比進学後は2年夏、3年春、3年夏と3度の甲子園出場を果たし、3年春のセンバツでは主将としてチームを全国制覇に導く。その後開催された第27回U―18ベースボールワールドカップで日本代表の主将を務め準V。筑波大進学後1年春からベンチ入り。168センチ、68キロ。右投げ左打ち。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!