• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 清原被告 過去2度の証言台…当時の巨人幹部の思いは伝わらず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原被告 過去2度の証言台…当時の巨人幹部の思いは伝わらず


原告として東京地裁に出廷した1999年当時の清原

【赤坂英一「赤ペン」】清原和博は覚醒剤取締法違反の被告として17日に出廷する前、東京地裁の証言台に2度立っている。いずれも巨人時代で、最初は1999年、暴力団関係者に恐喝された事件。次は2000年、一部週刊誌の記事が事実無根であると、出版社を名誉毀損で訴えたときのことだ。

 

 私は当時、両方の裁判を法廷で傍聴している。99年の事件では、清原が元暴力団組長とゴルフをした際、一緒に写った写真をネタに、犯行グループが清原に対して金銭を要求。清原は球団関係者に相談した上、警察に被害届を提出し、恐喝を働いた男たち3人が逮捕された。その後、首謀者が現役の暴力団関係者であることが判明した。

 

 裁判で清原が証言台に上がると、裁判長が自ら「清原さん、最初は球団に相談せず、自分ひとりだけで解決しようとしましたね。なぜですか?」と質問した。これに清原は、「周りに(元組長との交際を)知られるのが怖かった。チームメートにも迷惑をかけると思いまして」と答えている。

 

 裁判長はさらに「恐喝された直後、清原さんは一緒に写真に写った○○氏(元組長)に電話していますね。○○氏には何と言われましたか?」と質問。清原は「おまえを脅してるのは誰や。おれにできることがあったら何でも言うてくれよ、と言うてもらいました」と答えている。要するに、元組長は味方だ、だから自分を励ましてくれたのだと証言したわけだ。

 

 すると、裁判長はその元組長、恐喝首謀者の暴力団関係者や配下の男との隠された背後関係を簡略に説明。「実はこの事件に関わったみんながつながっていて、あなたを陥れようとしていたのではないですか。少しでもそういう疑いを抱いたことはなかったのですか」と畳みかけた。清原はぼうぜんとして、「そんなことは知らなかった。何もわからなかったです」と言葉を絞り出した。

 

 ちなみに、この事件の犯行グループには、私も取材で接触。裁判の前には巨人に依頼され、原告側証人として担当検察官に参考人聴取を受けた。巨人の甲子園遠征に同行していたため、大阪地裁の一室で受けた聴取は3時間以上に及んでいる。「われわれは二度とああいう連中が巨人に近づかないようにしたいんだよ」と、球団幹部は私に言った。皮肉にも、その熱意が肝心の清原にだけは伝わっていなかった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!