• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 名古屋の朝番組「ドデスカ!」視聴率急上昇の裏に中日・ビシエド


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋の朝番組「ドデスカ!」視聴率急上昇の裏に中日・ビシエド


ビシエド

 名古屋地区で朝の情報番組戦線に異変勃発だ。テレビ朝日系列のメ~テレが制作している「ドデスカ!」(毎週月~金曜・6時~8時)の視聴率が4月に入って大幅アップ。「めざましテレビ」(東海テレビ=フジ系)、「ZIP!」(中京テレビ=日テレ系)という全国ネットの人気番組に肉薄して激しい首位争いを演じている。

 これまで東海地区では「めざまし」が民放首位を独走。それを「ZIP」が追い、地元ローカル番組の「ドデスカ」は民放3番手だった。

 ただ、「ドデスカ」の4月の平均視聴率に変化が。1部(6時~6時45分)が5・7%、2部(6時45分~8時)が9・1%と3月平均と比べ1部、2部ともに1ポイント近く上昇。「めざまし」の9・8%、「ZIP」の9・2%(いずれも「ドデスカ」の2部の時間帯)を完全に射程圏内に捉えている。実際、4月は21、27、28、29日の4日間、2部の時間帯で民放トップに立った。

 この視聴率アップにはいくつかの要因が考えられるが、その一つが“ビシエド効果”だ。同番組は6時10分ごろから約10分間、スポーツコーナーがあり、中日戦の試合結果がメーン。いまの中日は新4番・ビシエドが打ちまくり、セ・リーグの首位戦線をかきまわしているとあって名古屋の視聴者の関心度も高くなっている。

「1部で放送しているスポーツコーナーが初動のエンジン役になっています。1部の数字がよければ、そのまま2部にもつながりますからね。この時間、他局は全国ネットの番組なので中日戦を大きく扱うのは『ドデスカ!』だけ。今後もビシエド選手には活躍してもらいたいです」と番組の清水伸司チーフプロデューサーも期待している。

 さらに「『めざまし』はメーンだった加藤綾子が4月1日に番組を卒業したことで大きく視聴率を落としている」(地元テレビ関係者)。これもシ烈な視聴率争いになっている要因の一つだ。全国ネットの番組とは予算も規模も違うローカル局制作の情報番組が、どこまで突っ走れるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!