• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 村田ヘッド爆発!! 守備ミスした小林誠、田原誠をバッサリ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田ヘッド爆発!! 守備ミスした小林誠、田原誠をバッサリ


やらかしてしまった田原誠次(左)と小林誠司

 今季初のサヨナラ勝ちを飾った巨人だが、守備にミスが相次いだ。

 

 まずは1―0で迎えた9回無死一塁の場面。代打・荒木のバントの小フライをキャッチした小林誠は即座に一塁へ送球。しかし、バントシフトを敷いていた村田は一塁に戻り切れず、送球は一走・比屋根に当たってそのまま一塁側エキサイトシートへ飛び込んだ。このプレーを審判団が協議した結果、テークツーベースとなり、比屋根は労せずして三塁へ。続く坂口に中前打を浴び、土壇場で同点に追いつかれた。

 

 さらに延長12回は5番手・田原誠が、一死一、三塁で大引の投ゴロを処理すると、無人の二塁へ送球。この時、内野陣は前進守備で当然誰もベースカバーには入れず、ボールが中前へ転がる中、勝ち越しのホームを踏まれた。

 

 当初、大引を迎えた場面では二塁での併殺を狙う中間守備だったが、その後に前進守備に守備隊形を変化させており、それを田原誠が勘違い。田原誠は6日の中日戦(東京ドーム)でも三塁に偽投してしまいボークで失点するなど、ボーンヘッドが続いている。

 

 勝つには勝ったが、当事者たちは素直には喜べなかった。菅野の完封勝利を消す形となった小林誠は「自重すれば良かった。もうひとつ冷静にやっていかないと」と言えば、田原誠は「投ゴロが来た瞬間にゲッツーで終わりだと思っていた。(守備隊形を)確認しなかった僕のミス」と反省の言葉を口にした。

 

 それでも、怒りが収まらなかったのが村田真一ヘッドコーチだった。試合後にコーチ陣を集めて緊急ミーティングを開き、守備隊形などの確認を徹底するよう話し合った上で、小林誠には「アホな送球してたらアカンわな」と手厳しく、田原誠についても「中間守備から前進守備になったのもあるけど、分かるやろ」とバッサリだった。

 

 菅野の快投で2時間半で終わりかけた試合が、結果的に救援陣もつぎ込んで3時間51分の長丁場に。「1―0で勝っていたらご機嫌で帰るけどな。今日はご機嫌ナナメやから帰って飲む」と村田ヘッドは最後までオカンムリだった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!