• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 【詳報】中日ドラ1・小笠原の左ヒジに爆弾発覚で手術めぐり大論争!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【詳報】中日ドラ1・小笠原の左ヒジに爆弾発覚で手術めぐり大論争!


左ヒジの状態を気にする小笠原

 中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(18=東海大相模)の左ヒジに遊離軟骨が見つかっていたことが分かった。“爆弾”を抱えている形で、今後は除去手術の可能性もあるが、本人はその回避を希望。チーム内では手術の「賛成派」と「反対派」に意見が分かれるなど、昨夏の甲子園大会優勝投手である「金の卵」を巡って激震が走っている。

 小笠原は昨夏の甲子園大会、さらにU―18ワールドカップと大活躍したが、秋の国体は左肘滑膜炎の影響で登板を回避。その後も慎重に調整しており、この沖縄キャンプでもノースローの日をつくるなど、左ヒジの状態をチェックしながらの一軍帯同となっている。25日はプロ入り後、初の実戦形式となるシート打撃に登板。打者10人に対して2安打2四球1三振3失点で「立ち上がりが良くなかったので、今後の課題として、しっかりやっていきたい」。次回は27日のDeNA戦(北谷)か、28日の韓国LG戦(北谷)のどちらかに1イニング限定で登板予定だが、舞台裏では、この黄金ルーキーの左ヒジを巡ってピリピリムードとなっていた。

 その理由が小笠原の左ヒジに遊離軟骨(関節ねずみ)が見つかっていたことだ。現在の患部の状態について小笠原は「痛みは全くないです」ときっぱり。「僕はそれ(ねずみ)を今、取るとか、取らないとか関係ない。やれることに関してやっているだけなので。今は(ねずみが)あるけど投げれるんで」と除去手術の回避を望んでいるが、いわば“爆弾”を抱えている形に、チーム内は大揺れだ。

「小笠原はまだ1年目だし、勝負がかかっていない。一刻も早くねずみの除去手術を受けるべき。開幕一軍へ合わせていくよりも後半戦からやってくれれば十分だよ」とチーム関係者。別の関係者も「これまでは投げ始めの5球ぐらいは痛いようで、温まると大丈夫なようだけど、少しでも気になるようなら思い切ってメスを入れた方がいい。活躍するのは2、3年目からだっていいんだから…」と早期の手術を勧めるが、その一方で反対派も多い。

「昔、ウチにいた野口(茂樹)も高校のときから左ヒジにねずみの痛みがあって、シーズンが終わったら毎年のように手術すると言っていたけど、いつもまたもう1年やってみますと言って、結局、そこから手術をせずに2桁勝利を何度も挙げて、タイトルを3回(最多奪三振1回と最優秀防御率2回)も取っている。小笠原も何が何でも手術をやらなくちゃいけないということはない」とは中田スカウト部長。谷繁監督も「俺も現役のときに(ねずみで)手術しなくちゃいけないぐらい痛くなったときがあったけど、様子をみて(痛み止めの)注射を打ったら治った経験があるからね。ここまで小笠原の様子をみながらやってきているけど(手術するかは)本人に任せている。今は医療技術が発達しているからそんなことはないとは思うけど、メスを入れて元よりも悪くなる可能性だってあるわけだから。痛くないのにメスを入れたがる選手はいないよ」と話した。

 森ヘッドコーチは「小笠原の左ヒジ? 見ての通りだよ。絶好調だよ。手術の可能性? しょうがないだろ。(痛みなどの状態が悪く)なったらそのときだよ。ならなきゃそのままでいいだろうし」と言うが、竜の黄金ルーキーの左ヒジ問題は今後、どうなるのか。予断を許さない状況だ。

☆おがさわら・しんのすけ=1997年10月8日生まれ。神奈川県藤沢市出身。180センチ、83キロ。左投げ左打ち。東海大相模高では1年春からベンチ入り。2年夏の甲子園初戦・盛岡大付に敗北も1回1/3を無失点3奪三振と好投。3年夏の甲子園ではエースとして3勝を挙げ45年ぶりの優勝に導く。U―18ワールドカップでも2試合8イニング防御率0・00の好投で準優勝に貢献する。2015年10月のドラフトでいずれも高橋純平(ソフトバンク)の抽選に外れた中日、日本ハムから1位指名を受け、中日が交渉権を獲得。契約金1億円プラス出来高5000万円、年俸1500万円(推定)の高卒選手として球団史上最高条件で契約した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GⅢ平安賞】稲垣裕之の目に涙 これが「平安賞」だ!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!