• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > サニブラウンに勝った「日本一速い中学生」は今

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サニブラウンに勝った「日本一速い中学生」は今


野球一筋で高校最後の夏を目指す五十幡

【気になるあの人を追跡調査!野球探偵の備忘録(8)】かつて「日本一速い中学生」と言われ、今秋のドラフト候補としても注目されているのが、佐野日大(栃木)の五十幡亮汰外野手だ。いまや日本陸上界のホープとなった、サニブラウン・アブデル・ハキーム(城西大城西高)に中学時代に完勝。“怪物を倒した男”の現在を追った。

 

 中学では硬式野球の東京神宮リトルシニアに所属する一方、陸上部にも所属。全日本中学陸上競技選手権大会では100メートル10秒92、200メートル21秒81の堂々たる成績で2冠を達成し、同大会に出場したサニブラウンは100メートル3位、200メートルは2位だった。

 

「直前の関東大会ではサニブラウンに負けて2位だったので、絶対に越してやろうと思ってた。大会のたびに顔を合わせるので次第に仲良くなって『高校では(野球と陸上の)どっちやるの?』『お互い頑張ろうね』とか話してて、よきライバルでした」

 

 洛南など複数の陸上名門校からも声がかかったが、プロ野球選手という幼いころからの夢を追い、高校では陸上を封印。佐野日大の門を叩く。

 

「周囲からは『(野球と陸上の)二刀流はできないの?』とよく言われました。でも、僕はもともと野球一本なんです」

 

 高校進学後も自慢の快足は健在、学校の体力測定では50メートル5秒6を記録した。「それもほとんど準備運動もせず、軽く測ったタイムですからね。本人はむしろ速すぎて困ってるみたいで、体が止まらないで行き過ぎちゃうと。僕ら一般人にはちょっとわからない感覚ですが…」。松本弘司監督も驚きを隠さない。

 

 野球でも自慢の快足を生かし、盗塁の山を築いているかと思いきや「実は盗塁は苦手なんです」と打ち明ける。

 

「まだスタートが自分のものになってなくて、盗塁のサインが出てもなかなか次の球で行けなかったり。いつも気持ちが落ち着かないです(笑い)。陸上のスタートは得意なんですけど」

 

 目指すのは足だけでなく、三拍子揃った選手だ。「プロで憧れの選手は山田哲人さんや糸井さん。ひとつの魅力もすごいけど、走攻守揃った選手にひかれます」。体を大きくするため、中学時代は夕食後に餠を5つ食べ、増量に励んだ。寮生活の現在は朝食にどんぶり飯を2杯、夕食では3杯を平らげ、夜食でおにぎり3つを詰め込むという。

 

 そんな五十幡に、松本監督も期待を寄せる。「とにかく真面目で努力家。どんなことでも手を抜かない。ランニングでも10本、20本と全力で走るので、肉離れとかこっちが心配しちゃうくらい」。秋からは副主将を任され、リーダーシップも出てきたという。

 

 陸上をやめたことに未練はないのか。直球の質問をぶつけると「個人競技と違って、野球では練習でのつらさや勝ったときのうれしさを分かち合える。それが一番です。小中ではリーダー的なポジションを任されることもなかった。副キャプテンの今は、責任も感じるようになってきました」という答えが返ってきた。多くの財産を糧に、今は最後の夏を見据える。

 

 ちなみにランニングホームランの経験は。「この前一度狙いにいったんですが、ギリギリホームでアウトになっちゃいました(笑い)」。高校球界の韋駄天は、この先もどんどん加速する。

 

☆いそばた・りょうた=1998年11月27日生まれ。埼玉県行田市出身。行田小1年の時、行田東フェニックスで野球を始める。中学では東京神宮リトルシニアに入り、中学2年時にジャイアンツカップ2位、中学3年でも全国2位の実績で、U―15日本代表にも選出される。陸上部では3年の全日本中学陸上競技選手権大会100メートル、200メートルの部で優勝。ジュニアオリンピック記録会でも100メートル10秒79をたたき出し「日本一速い中学生」として一躍有名に。卒業後は佐野日大に進学、現在は副主将としてチームをまとめる。ポジションはセンター。171センチ、63キロ。右投げ左打ち。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!