• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 桑田氏 清原容疑者に“絶縁”されていた それでも「逆転満塁弾を打ってもらいたい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桑田氏 清原容疑者に“絶縁”されていた それでも「逆転満塁弾を打ってもらいたい」


清原容疑者の更生を強く願う桑田氏

 巨人OBで評論家の桑田真澄氏(47)が4日、宮崎キャンプを訪問。PL学園時代からの盟友で、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された清原和博容疑者(48)について取材に応じてコメントし「KKコンビ」の相棒の更生を強く願った。

 

 逮捕の一報は「知人からの連絡」だったという。続けて明かしたのは、衝撃的な2人の関係だった。

 

 互いが引退後は現役時代より連絡を取るようになり、同氏によれば「いろいろ噂が出るのはよくない。おまえも気をつけなくちゃだめだぞ」と事あるごとに注意してきた。しかし、3年ほど前に、清原容疑者のほうから「一切関わらないでくれ」と絶縁を言い渡されて以来、接触が途絶えていたという。

 

「小じゅうとのように言い続けてきた。彼にとっては耳障りだったと思う」と述懐したが、その後も盟友のことは気にかけてきた。「昨年末もよくテレビに出ていましたのでね。本当に安心して『頑張っているな』と思っていて…。1月にあったPL学園のOB会でも同級生みんなで喜んでいたんですけどね。またみんなで会いたいなという話もしましたし。そういう矢先だっただけに、非常に残念」と沈痛な面持ちで語った。

 

 ただ、逮捕後も盟友の更生を願う思いは変わらない。

 

「僕たち2人は高校時代から、野球からあんなに幸せをいただいたんですから、他の選手以上に恩返ししていかなくちゃいけない使命がある」と語ると、清原容疑者へ向け「人生には代打もリリーフもいない。それで彼はよく理解できると思う。自分の人生でも、きれいな放物線を描く、逆転満塁ホームランを打ってもらいたい。それが、今の一番の思い」と言葉を贈った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!