• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > NPB新人研修会で「巨人賭博問題」教材に Gドラ1・桜井「人の見極めが大事」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NPB新人研修会で「巨人賭博問題」教材に Gドラ1・桜井「人の見極めが大事」


新人研修会後に野球殿堂博物館を見学した桜井

 日本野球機構(NPB)新人選手研修会が12日、都内のホテルで開かれた。

 講義では、昨秋に発覚した元巨人の3選手が関与した野球賭博問題が初めて“教材”として扱われた。

「有害行為について」と題したレクチャーでは、野球協約で定められた八百長や賭博行為などの禁止事項、1969~71年にかけて球界を揺るがした「黒い霧事件」の概要や経緯などを説明。その後、NPB・井原敦事務局長が巨人の賭博問題について触れた。

 賭博問題の経過や処分が時系列順に説明され、元3選手が野球賭博に染まっていった流れの分析結果も紹介。裏カジノや賭けマージャンに始まり、罪の意識もマヒして野球賭博に染まっていった破滅の道が示された。

 この講義の冒頭と最後には、野球賭博で無期失格処分とされた「ある元選手」の「自分のような人間は二度と出てほしくない」という旨のメッセージが、同事務局長からルーキーたちに読み上げられた。「小さいころから野球しかやってきていない。野球界を追放されることは、自分のこれまでの人生を『無』にすることです」

 すべての新人研修を終え、報道陣に応対した巨人のドラフト1位・桜井俊貴投手(22=立命大)は「自己管理、人の見極めが大事だと思う。今日聞いたことを生かして未然に防げるようにしたい。断る大切さ。先輩でも関係なく断る時は断る」と毅然とした態度で臨む姿勢を打ち出した。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!