• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 小久保監督にテレ朝から「しくじり先生」出演求める声

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小久保監督にテレ朝から「しくじり先生」出演求める声


試合後、うつむいて考え込む小久保監督

 初の国際大会「プレミア12」で3位に終わった侍ジャパンの“バブル崩壊”が深刻なレベルに達している。21日の3位決定戦(東京ドーム)でメキシコに11―1で7回コールド勝利。しかし19日の準決勝・韓国戦で歴史的恥辱とも言える逆転負けを喫した衝撃は沈静化する気配がない。その中で集中砲火を浴びているのが、大一番での采配ミスを認めて謝罪した小久保裕紀監督(44)だ。高視聴率が見込まれながら決勝戦中継がフイになったテレビ朝日からは“しくじり監督”として損失補填を求める声も出ている。

 

 いくらどう頑張っても「3位決定戦」では盛り上がるはずもない。侍ジャパンの世界一の目標は決勝進出目前でまさかの崩壊。そのあおりをもろに食らってしまったのが、他ならぬテレビ朝日だ。

 21日は午後7時開始の決勝戦に合わせてプレーボール直前から試合終了まで生中継を行う予定だったが、準決勝敗退によって侍ジャパンが午後1時開始の3位決定戦に回ることになり、中継時間も0時55分からの番組枠に変更を余儀なくされた。19日夜にTBS系で生放送された準決勝・韓国戦の平均視聴率が25・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をマークするなど今大会の中継は“ドル箱番組”だっただけに同局にとっては計り知れないショックとなっている。在京キー局の関係者は次のように打ち明けて、ライバル局の惨状に深い同情の念を示した。

「優勝の望みが消え、頑張っても3位では話にならない。しかもナイターではなく、デーゲームの生中継ですからね。ナイター決勝戦の放映権を得て30%超えの高視聴率を期待していたテレ朝さんの関係者は一様に肩を落としていますよ。他局ながら本当に気の毒としか言いようがない。決勝戦中継で番組スポンサーとなっていたクライアントは、そのまま3位決定戦中継でも契約が持続されたそうですが、ゴールデンタイムではなくノンプライムの放送枠になってしまったことで契約料は30~50%ダウンとなってしまったと聞きます」

 さらにスポンサー収入の減額についても「現時点でハッキリとはつかめていませんが、ザッと見積もっても単純計算で1億円前後の“損失”となってしまったようです」(同関係者)という。

 そういう背景があるのだから、テレ朝の関係者が小久保監督に怒りの矛先を向けるのも当然の流れだ。準決勝では3点リードで勝利目前となった9回に自らも認めた継投ミスによって4点を奪われ、悪夢の逆転負けを喫したのだから同局内から「この落とし前をどうつけるのか」との声が噴出するのも無理はない。

 一部からはその小久保監督に対し、同局の人気バラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」で「“しくじり監督”としてゲスト登壇するべきだ」との強硬な意見も飛び出しているほど。2日に放送された同番組の3時間スペシャルには、くしくも2008年の北京五輪の準決勝・韓国戦で致命的な落球をして“戦犯”となった元プロ野球選手のG・G・佐藤氏(西武、ロッテなど)も出演した。

「2人がミスをやらかしたのは同じ国際大会の準決勝・韓国戦で、いわば“戦犯つながり”。そういう意味で小久保監督もG・G・佐藤さんのように番組で『私のようになってはいけない』と潔く口にしたほうがいい。テレ朝さんの儲けが大幅に減った分を穴埋めするためにも“しくじり監督”として別の番組で視聴率を取って“損失補填”してあげるべきです」とテレ朝に代わって提言するのは、別の民放局プロデューサーだ。

 ファンに加え、テレ朝も失望させた小久保監督。プレミア12で決勝進出すらできなかった代償は余りにも大きい。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
松阪競輪GⅢ「蒲生氏郷杯王座競輪」(25日開幕)
注目選手のインタビューを公開!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!