• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 失踪騒動の中西元阪神コーチ「淡路島で釣り」だった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失踪騒動の中西元阪神コーチ「淡路島で釣り」だった


中西清起氏

 金本新監督誕生で盛り上がる阪神がとんだ“失踪騒動”に見舞われた。1985年日本一メンバーで今季まで一軍投手コーチを務めた中西清起氏(53)について、家族が数日前から連絡が取れなくなっていると兵庫県警に相談していると、27日午前11時ごろに一般紙がネット報道。管轄の芦屋署や中西氏の自宅マンションに報道陣が集結して騒然となった。

 警察の広報担当者は「ノーコメント。何も言えない」と口を閉ざし、この一件で球団も蜂の巣をつついたような大騒ぎ。平田チーフ兼守備走塁コーチら現首脳陣も連絡を取ったが、中西氏からの返答はなし。チーム内では「家庭内トラブルがあったのではないか」「今年で解雇となって、やけを起こしたのでは」「シーズン中にストレスからか酒の量がかなり増えて次の日に何も覚えてないという状況が何度もあったし、何か事故にあったのではないか」から「単なる家出じゃないのか」「韓国旅行に出かけたと聞いた」など様々な臆測が駆け巡ったが、そのネット記事は1時間ほどで削除され、球団は午後2時過ぎに消息を携帯電話で確認。中西氏は警察に“保護”されたという。

 ある球団首脳は「本人に携帯電話で連絡を取ってきたが、ようやく連絡があった。淡路島に釣りに出かけていたそうだ。“騒動になってるぞ”と話したら本人は“知らなかった。すみません”と言っていた。家族が警察に相談した事実はなく(中西氏の)知人が捜していたとも後で聞いたが、何でそんな話になったのか。人騒がせだ」とあきれ顔で話した。

 中西氏は今季限りで退任した和田前監督同様にV逸の責任をとってユニホームを脱いだが、テレビ局等での野球評論家としての再出発も内定している。そんな中、なぜ、こんな「失踪騒動」が起きたのか。不可解ではある。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!