• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 落合GMと谷繁監督の確執に巻き込まれた中日ドラ1・野村の嘆き

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落合GMと谷繁監督の確執に巻き込まれた中日ドラ1・野村の嘆き


今季の野村は一軍3試合に登板して0勝0敗、防御率10・13

 中日で谷繁元信監督兼捕手(44)と落合博満GM(61)の確執が明らかとなっているが、そのことで思わぬ余波が出ている。

 2人が不仲となった原因の一つとされているのが、落合GMがここ2年で効果的な戦力補強をほとんどしなかったことにある。特にやり玉となっているのが昨秋のドラフトでの失敗だ。大学、社会人、四国ILplusから即戦力として9人の選手を獲得したが、そのほとんどの選手が今季、一軍で活躍することができなかった。

 なかでも1位の野村亮介投手(22)を落合GMが独断で指名したことには大きな批判が集まっている。「当時、スカウト陣が一番評価していたのは日本ハムに入団した有原。野村は社会人3年目で伸びてはいましたが、スカウトの中では1位とまでの評価ではなかった。その評価は他球団のスカウトも同じ。でも落合GM1人が野村を推して決定してしまった」(球団関係者)。今季はDeNAの山崎康、巨人の高木勇など他球団のルーキーが活躍を見せているだけに、野村指名は落合GMの“失策”と言われている。

 そんな状況にいたたまれない状況なのが野村本人だ。「『あいつは1位の器じゃない』とか『何で野村を獲ったんだ』とかそういう話は本人にも聞こえてくる。それはやっぱりつらいですよね。もともと、ドラフト前は本人だってまさか1位で指名されるなんて思ってなかった。最近では親しい関係者に『1位なんかで入って来なければよかった』と漏らしているそうです」(チーム関係者)

 2人の確執に期せずして巻き込まれる形となってしまった野村。ただただ同情するしかない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】脇本雄太がまくってGⅡ初優勝!
世界レベルのスピードを発揮した脇本雄太がGⅡ初優勝を飾った。

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!