• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ヤクルト“卒業”の伊勢氏が山田に最後の訓示

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルト“卒業”の伊勢氏が山田に最後の訓示


MVP級の働きをした山田

 ヤクルトの14年ぶりのリーグVに感慨ひとしおなのが、数多くの主力選手を育て、今季限りでチームを“卒業”する伊勢孝夫バッティングアドバイザー(70)だ。すでにトリプルスリーを確定させている山田をはじめ、教え子たちへの思いを名伯楽が熱く語った。

 ――山田の活躍が優勝へ大きな原動力となった。入団時の山田を思い出すと感慨深い

 伊勢:入団時で言うと、山田より池山の方がバネがあって飛んでいるような感覚があった。池山は2年目(1985年)の夏に一軍に上がったけど、山田が上で使われるようになったのは3年目と多めに時間がかかった。

 ――山田の才能が花開いた一番の理由は

 伊勢:1年目に二軍打撃コーチだった池山がしっかりと面倒を見たことが大きい。杉村(チーフ打撃コーチ)が後から“いいとこ取り”をしているけど、これまでの積み重ねの結果。池山と山田は足の運びがよく似ている。練習中と試合で打席でのストライドがほとんど変わらないので軸が動かない。普通の選手は試合になると、どうしても力が入り過ぎ広くなってポイントがずれる。人の倍以上練習をしたことで土台がしっかりとできている。

 ――来季以降、山田が注意すべきこと

 伊勢:今季はMVP級の活躍だし、オフには年俸も上がる。そうなると甘いミツに群がるアリのように女性が寄ってくる。女子アナとは遊びならいいけど結婚するなら地味な女性の方がいい。結婚は選手の成績を良くもするし悪くもする。

 ――テングにならないよう周囲も気をつける必要が…

 伊勢:トリプルスリーもあまりに若くして達成してしまうと心配なことがある。池山も本塁打を毎年30本以上打つようになって悪い傾向が出た時があった。コーチが特別扱いしないでしっかりと指導すること。他の選手と平等に扱う必要がある。球界を代表する選手になったのだから、毎年3割は維持できるようにしないといけない。

 ――山田以外の選手も飛躍した

 伊勢:川端は打撃そのものはいいものを持っていた。遊撃より三塁の方が動きが少なく打撃に集中できている。川端はボールを捕まえる角度がいい。広角に打てることで安打を量産している。昨年、結婚して成績が良くなった。捕手の中村は相川(現巨人)とのリードの違いに相手が面食らった部分もあった。相手に分析、研究される来年が勝負だろう。今季は巨人、阪神が自滅したことも大きい。ウチは若い選手と指導者で夏バテ知らずだった。投手も後ろがしっかりしていた。ロマン、オンドルセク、バーネットの3助っ人に加えて秋吉の存在が効いていた。

 ――主砲バレンティンは終盤の合流だったが

 伊勢:練習をしていなかったし、状態は決して良くない。入ることでチームがおかしくなるんじゃないかと心配していた。これまで頑張ってきた選手が冷や飯を食うワケだし…。ただ、相手投手に与える威圧感はアイツにしか出せない。バレンティン効果はあったと思う。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!