• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 現役続行・松中の行く末 ソフトBからも心配の声

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現役続行・松中の行く末 ソフトBからも心配の声


会見で悲しげな表情を見せる松中

 ソフトバンクの松中信彦内野手(41)が29日、自ら自由契約を申し出て現役を続けることを発表した。球団は引退の花道を用意する一方で、本人の意思次第では来季の契約も保障していた。そんな中での退団宣言。平成唯一の3冠王はどこへ行くのか…。球団内からはむしろ心配する声が出ている。

 

 悩み抜いた末の決断だった。球団側は功労者への慣例として、本人に進退を一任。優勝決定後には、松中の最終的な決断のためにも、今季初めて一軍での打席が与えられていた。この日は楽天・松井裕から今季10打席目にして初安打となる適時打を放った。その中で松中は「もっと、こうしたら打てるんじゃないかという自分がいた」。むしろ現役への思いを強くしたという。選手層の厚い現チームでは構想外でもあることから、他球団に活躍の場を求めることになった。

 

 これで生え抜きの大ベテランにして、平成唯一の3冠王がチームを去ることになった。移籍先に注目が集まる中、球団内からはこんな声が出ている。「一時の気の迷いとしか思えない。本当に大丈夫なのか。素直にうちで終わればよかったのに。どこからも声がかからなかったら、どうするつもりなんだろう」(球団関係者)

 

 というのも、今回の決断が後先を考えずに突っ走ってしまったものと見られているからだ。過去にも交流戦の優勝セレモニーを突如としてボイコット。球団からペナルティーを科されるなど、ある意味で裏表のない性格から衝動的に動いて失敗したことがあった。「悪いやつじゃないんだよ。だけど、そういうところで損をしてきてもいるからね」(チーム関係者)

 

 現状は白紙としながらも希望はNPB11球団。待ってましたとばかりに争奪戦になればいいが、今季は引退選手が続出しているように各チームが若返りに向かっている。しかも、過去のトラブルのイメージが残ってもいる。近い関係者にも今後のアテについて「全くない」と話しているとのことで、これでは3冠王が寂しい最後となる可能性も出てきてしまう。

 

 仮に移籍先が見つからずに改めて引退となった場合について、球団フロントの一人は「そうなった場合はオープン戦などでセレモニーをやってもいいと思う。いろいろな意見があるだろうけど、判断を誤ってしまったというだけで、その功績は失われないんだからね。それが大人の対応だと思う」と話した。

 

 現役最高峰の実績を誇るのは確か。「ないことがないのはオリックスでは。瀬戸山さん、加藤さんとダイエーの流れをくむフロントがいる。功労者を切ってまでコストカットをしているが、松中の今の年俸(推定3500万円)を考えれば、当たればもうけものとして獲るかもしれない」(球界関係者)との声もあるが、その一方で関東の球団を希望しているという話もある。果たしてどうなるのか。 とにかく、元3冠王がバット1本で再スタートを切ることになった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】GIII「レディース笹川杯」
ボートレースとこなめで開催されるGIII「レディース笹川杯」の選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【千葉競輪】GIII滝沢正光杯
選手インタビュー、推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
参加者は150人限定。“初代チャンピオン”を目指そう!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は若松ボート・SG「メモリアル」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!