• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 頭部に打球直撃で引退…オリックス丸毛に球団からの補償なし


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭部に打球直撃で引退…オリックス丸毛に球団からの補償なし


 春季キャンプ中に頭部に打球を受けて手術をしたオリックスの丸毛謙一外野手(26)の引退セレモニーが3日、ウエスタン・リーグの広島戦(神戸サブ)で行われた。丸毛は5番・左翼で1回表の守備だけに出場。一死で広島の2番打者・安部が打ち上げた左飛を“ラストキャッチ”した。

 

 1回表終了後に両軍ナインがベンチ前に整列し、ベテランの谷から花束を贈られた丸毛は「こんなに盛大にセレモニーをしてもらって、悔いのない終わり方ができました」と感謝。スタンドで見守った大阪・豊中在住の父・英美さん(60)も「(プロ生活)5年間ですが、よう頑張ってくれました」と涙した。

 

 丸毛は大阪経済大から2010年のドラフトで育成選手として巨人に入団。13年オフに自由契約となり、オリックスに入団した。支配下選手となり、14年3月28日の日本ハムとの開幕戦(札幌ドーム)に代走で出場するなど今後が期待された。

 

 しかし、今年の宮崎キャンプ中の2月5日、練習中に左側頭部に打球が直撃。宮崎市内の病院で「急性硬膜外血腫」と診断され、開頭手術を受けた。その後はリハビリに励んだものの、医師から「同じ箇所に再び衝撃を受けると生命にかかわる」と警告され、引退を決意。2日に任意引退選手として球団から発表された。

 

 不慮の事故で引退を余儀なくされたが、球団関係者は「本人からの申し出での引退ということもあり、補償という形にはならないようだ」という。プロ野球統一契約書の第11条(障害補償)に「選手が負傷し、あるいは疾病にかかり後遺障害がある場合、6000万円を限度としてその程度に応じ、補償金を選手に支払う」とあり、これに該当しないと判断されたとみられる。

 

 丸毛は今後は二軍スタッフとしてチームを支える予定。瀬戸山球団本部長は「彼自身、これからも野球に携わっていきたいとのことでしたし、彼は特に人柄もいいので今後も頑張っていただきたい」と期待を寄せた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】常滑市長杯 男女W優勝シリーズ
男子はダービー王・仲口博崇、女子は香川素子が優勝

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

蒲郡ボート・SG「第65回ダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!