• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日のパフォーマンスコンビ“活動休止状態”の理由


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日のパフォーマンスコンビ“活動休止状態”の理由


“エルボータッチ”で盛り上がっていた平田(右)と亀沢だったが・・・

 中日の平田良介外野手(27)と亀沢恭平内野手(26)の「竜のパフォーマンスコンビ」が実質的な“活動休止状態”に陥っている。

 

 もともと平田が「(試合中も)ファンの方に何か喜んでもらえることをテレビカメラの前で一緒にやろう」と亀沢に呼びかけ、開幕当初からチームに得点などが入った際、ベンチ脇で一緒になって中継カメラの前でパフォーマンスを披露してきた。

 

 漫画「ドラゴンボール」の“かめはめ波”や“界王拳”などのポーズのほか、野猿のヒット曲「Be cool!」の決めポーズ、ボクシングの世紀の一戦として注目されたメイウェザー対パッキャオを意識したもの…。同じネタはやらないことをポリシーにしていたという。

 

 ところが、交流戦に入ったころからほとんど見られなくなった。交流戦中に和田、森野の両ベテランが復帰したことで、チーム内には「派手なパフォーマンスを良く思っていない大ベテランが戻ってきて萎縮しちゃったのかな…。でも、そんなことを気にしていたら、チームに勢いが出ないし、成績が振るわないのもそうしたところからきている可能性もある」との声も出ている。

 

 また、26日現在、平田が5試合連続無安打と苦しみ、亀沢も25日のヤクルト戦で守備での判断ミスから決勝点を献上…。亀沢は「やめたわけでないです。やるタイミングがないだけです」と“弁明”したが、コンビが揃って精彩を欠いているとあって、パフォーマンスどころではなくなったのかもしれない。

 

 3連敗で最下位と元気のない中日。周囲は「もっと遠慮せずにどんどんやれ!」とハッパをかけており、平田と亀沢が気持ちを吹っ切って連発させれば、チームに勢いが戻るかもしれない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!