• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 藤浪 公式サイトに怒りの訂正要求「情報は正確に伝えて」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤浪 公式サイトに怒りの訂正要求「情報は正確に伝えて」


強力ソフトバンク打線を相手に藤浪は懸命の投球で4勝目

 阪神・藤浪晋太郎投手(21)が10日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に先発し、7回5安打4失点で今季4勝目をマークした。強力ソフトバンク打線相手に粘りの投球での白星。またひとつ目標の「勝てる投手」への階段を上がったが、この成長の裏側で、若き右腕は、あることに激怒している。それはまさかの…。

 

 ホームランテラスが設置され、東京ドーム並みの狭さになったヤフオクドームに、ズラリ並んだ長距離砲。強力ソフトバンク打線を相手に藤浪は何とかしのぎきった。李大浩、松田に一発を浴びたものの、いずれもソロと傷口を最小限に抑えるなど7回4失点にまとめて4勝目をマークした。「内容としては情けない投球でヒーローと呼ばれるのも恥ずかしいくらいの内容でした」と反省しきりの藤浪だったが、和田監督は、粘り勝った投球について「そういうところが晋太郎が目指している勝てる投手ということ」と評価した。

 

 またひとつ成長した感じの藤浪だが、この裏側で怒り心頭なのは、別の意味での自らの“成長”についてだった。「198センチになってるんですよ!!」。藤浪が声を荒らげて本紙に訴えたのは、チームの公式サイトなど複数の場所で記載されている自身のプロフィル欄内の身長のこと。「プロに入ってから背は伸びていません! それなのに、いつの間にか(プロフィルが)そうなってしまっていたんです。去年まではちゃんと197センチだったのに…」

 

 誰もが憧れる高身長は投手としても大きな武器になっていることは間違いないが、藤浪にはコンプレックスという。「嫌なんですよ、本当に…。僕は逆に(低く)サバを読みたい。それなのに1センチ高くなっている。情報は正確に伝えてくれないと困りますよ。大スポに言ってるんじゃないんです。本当に、伸びていないんです」。198センチではなく197センチ。藤浪にしてみれば、たかが1センチのことではない、というのだ。

 

 そんな中での白星に、ある球団関係者は「怒りすらも力に変えられる。そういうすごい投手になっているんだよ、藤浪は」と妙な言い回しでも褒めたが、投球が確実に成長しているのは誰もが認めるところだろう。とうとう首位・巨人に1・5差に迫った阪神。「197センチ」の藤浪が、今後もグラウンドでは、さらに進化した姿を見せるはずだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!