• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 中日・若松駿太のお手本は黒田、金子、摂津

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日・若松駿太のお手本は黒田、金子、摂津


 中日の3年目・若松駿太投手(20)が2日の西武戦(ナゴヤドーム)に先発し、6回3安打無失点の好投でプロ初勝利をマークした。2012年のドラフト会議で7位指名を受け、福岡・祐誠高から入団した右腕は「粘って投げることができた。本当にうれしい。最高です」とにっこり。谷繁監督は「6回130球で6四死球もあって、それでよくゼロで抑えたなと。粘り強く、走者を出しながらも投げていた。これをきっかけにレベルアップしていってほしい」と目を細めた。

 

 直球の球速は130キロ台ながらチェンジアップ、カーブなどの変化球で緩急をつけた投球が若松の武器。「僕とタイプが似ている(ソフトバンクの)摂津さんを参考にしながらカーブを投げています。チェンジアップは、直球と同じ腕の振りでバッターを惑わせている(オリックスの)金子さんをイメージしている」という。

 

 4月18日の広島戦(マツダ)で投げ合った黒田からも学んでいる。「あの試合で打席にも立って黒田さんの球を感じたことはいろいろ財産になった。真っすぐでも動いていたし、全球種が低めに集まっていた。これが僕に求められている投球だと思った。今日は相手が西武打線で、初球からどんどん振ってくると思って、黒田さんの投球を意識して丁寧に低めに投げていった」

 

 チームの3位浮上に貢献した若松。黒田、金子、摂津の球界を代表する3投手を手本にさらに飛躍を目指す。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!