• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「圧縮バット」と難クセつける韓国の品格


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「圧縮バット」と難クセつける韓国の品格


 もうウンザリだ――。ソウルで行われている野球の18U(18歳以下)世界選手権で日本は4日、チェコに7―0で快勝し、1次ラウンドを4勝1敗で終えた。5日から始まる2次ラウンドに弾みをつけた日本側に韓国側が難くせをつけたのはそのチェコ戦終了後だった。

 試合を視察した韓国代表イ・ジョンファン監督が「日本選手が圧縮バットを使用している」と発言したのだ。同日の韓国の聯合ニュース(電子版)は、イ監督が日本選手の打撃の音や打ち損じても打球がぐんぐんと伸びたことを挙げ「圧縮バットを使用しているのは100%確実」と主張したと報じた。

 それにしても見ただけで「100%」と断言するとは驚きだ。確かな根拠があるのか? イ監督はものすごい眼力の持ち主なのかもしれないが、そもそも“潔白だったらどうするか”という想定が先方には欠けている。日本側は「(圧縮バットは)使っていない。検査してもらって構わない」と話している。

 大会組織委員会は日本のバットを検査する予定はないという。裏を返せば、韓国の主張を裏付ける材料はない上に、検査の結果、シロと判明すれば大会を揺るがしかねない大問題に発展するからだ。「国際大会の最中にこんな不確かな発言をするとは非常識」(日本の球界関係者)。

 韓国は6日に日本と対戦する。最大のライバルで優勝候補と目される日本に自国開催で負けるわけにはいかない。それで揺さぶってきたのだろう。そんな発言に惑わされるほど日本代表はひ弱ではないと願いたい。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!