• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ソフトB新助っ人バンデンハークに“隠れエース”の評判


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトB新助っ人バンデンハークに“隠れエース”の評判


 ソフトバンクの新助っ人リック・バンデンハーク投手(29=韓国サムスン)への評価が早くもうなぎ上りだ。松坂フィーバーの陰に隠れてすっかり“忘れられた存在”になっているが、26日に退団のあいさつのため球団を訪れた元編成部門トップの小林至氏も「韓国で見ましたけど、あれは打てないと思いますよ。あの投手が今年は(エースとして)1番手でチームの柱になって優勝するんじゃないでしょうか」と予言した。

 

 巨人との争奪戦の末に獲得した196センチの長身右腕には、日本一連覇の使者としての期待もかかる。評価が高いのは投球ばかりでなく「性格がいい。違う環境にもなじもうとする姿勢があって、適応する能力は高いと思う。韓国でも1年目のオフに腕を上げて投げるように言われて、それにしっかり取り組んだことでよくなった」(球団関係者)という。

 

 語学堪能で母国語のオランダ語のほか、英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語を操り、韓国語も在籍した2年間である程度はマスターしたとか。すでに母国で日本語のレッスンに取り組んでおり、昨年末にはツイッターに日本語と韓国語、英語の3か国語で「よいお年をお迎えください」と投稿した。

 

 韓国内での評判を知る李大浩は、獲得前からバンデンハークに目をつけた球団の補強戦略に拍手を送っていたほど。今はまだ影も薄いが、シーズンに入って一躍主役となっても不思議ではない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!