• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 田中将がネットのDD批判に反論!堂々の「アイドル博愛」宣言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田中将がネットのDD批判に反論!堂々の「アイドル博愛」宣言


乃木坂46の白石(左)、生駒(右)に振り付けを習う田中

 ヤンキース・田中将大投手(26)が「アイドルヲタ(オタク)」たちの批判の声に、真っ向から猛反論した。AKB48をきっかけに「アイドル好き」を公言して以来、ももいろクローバーZ、モーニング娘。’14と、田中の好きなアイドルは、もはやグループの枠を超えている。ゲスト出演した先日のNHK紅白歌合戦でも目尻を下げてアイドルたちを応援していたが、ネットなどでは、その「DD(誰でも大好き、の略)」ぶりに「節操がない」などと批判の声も少なくない。そんな声に対し、田中が展開した「アイドル論」とは――。

 田中は「アイドル好きアスリート」のパイオニアと言っても過言ではない。初めてAKB48のファンであることを本紙に明かしたのが2010年。以来、アイドルへのリスペクトと情熱を本紙を通して訴えてきた。

 その後、田中につられるように“アイドルファン”を公言するアスリートが増加したが、田中の思いは、すでに“博愛主義者”のレベルに達している。ある特定のグループだけ応援しているわけではない。

 だが、そんな幅の広さに「アイドルヲタ」たちの視線は冷ややかだ。グループの枠を超えた田中のようなスタイルは「DD」と呼ばれ「一貫性がない」「節操がない」という見方をされることが多い。最近では田中のこうした“活動”が報道されるたび「なんでもありだな」「変わり身が早い」などの声が上がり、中には昨年限りでロッテを引退したG・G・佐藤氏に引っ掛けて「D・D田中」の別称まで付けられてしまうほどだ。

 もちろん、こうしたヲタたちの批判は田中の耳にも届いていた。直撃するなり「この際、言っておきますけど」と前置きしながら、こう訴えた。

「みんないろいろ言ってますけど、いろいろなアイドルが好きで、何が悪いんだって思ってますからね。スポーツ選手でも、みんなチーム関係なく、どの選手が好きだなんだって言うじゃないですか。ひとつの球団、チーム、グループに対して、どこどこのあの子がいい、どこどこのそこがいいと言っているのと一緒ですよ」

 グループに限定されたものではない、壮大な“アイドル愛”があるからこそのDDであることを訴えた。

 なぜ、そこまでアイドル好きなのか。かわいいからだけではない。体育会系的なノリに共感を抱き、彼女たちの「一生懸命さ」に圧倒され、パワーをもらうこともある。メンバーの一人ひとりまでチェックし「感情移入してしまいますね」(田中)という。

 曲もしかり。自宅や宿泊先から球場までの移動、トレーニング、そして登板前にはアイドルの曲は欠かせない。

 登板前などは激しい曲調のもので闘争心をかき立てる選手もいるが、田中は「僕はアイドルの曲を聴いていればいい。自分の好きな曲で(気分が)上がるわけですから(他の選手は)それがアップテンポなだけ。僕はいろんな(アイドルの)曲調のものを聴いて、上げられればそれでいいやと思ってますから」。もはや“突き抜けている”と言っていい。

 時間がある日はライブに足を運ぶ。昨年10月に帰国すると、乃木坂46のアンダーライブ(アンダーメンバーと研究生によるもの)を観賞。さらには、まい夫人同伴で「モーニング娘。’14」のライブにも足を運び、グループを卒業する道重さゆみの姿を目に焼き付け、自身のツイッターに「温かいライブでした」とつぶやいた。12月は3日にFNS歌謡祭にゲスト出演したかと思えば、16日にはAKB48紅白対抗歌合戦で始球式を行った。25日はももいろクローバーZのクリスマスコンサートに特別ゲストで出演。そして31日のNHK紅白歌合戦…。さらに本紙お正月特別号スペシャルトークでは乃木坂46の生駒里奈と白石麻衣と“合体”するなど、まさに「アイドル漬け」のオフを堪能しているのだ。

 堂々と“アイドル博愛”を宣言し、実践する田中。果たして賛否両論が巻き起こるのか――。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠオールスター競輪】脇本雄太 悲願のGⅠ初優勝!
脇本雄太が14回目のGⅠ決勝で悲願の初タイトルを手にした!

【連載コラム】小島よしおの履歴書
「そんなの関係ねぇ!」で一世を風靡した小島よしおが「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白する!(全15回)

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はまるがめボートSG「メモリアル」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!