• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > SBに読まれてた?顔でバレる大谷の球種

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBに読まれてた?顔でバレる大谷の球種


ページ: 1 2

プロは厳しい・・・でも大谷クン、このクセを逆利用してみては?

 日本ハム・大谷翔平投手(20)が10日のソフトバンク戦(ヤフオク)に先発し、6回9安打5失点で、3敗目(9勝)を喫した。チームは4―6で敗れた。大谷は同カード、7回9安打2失点で2敗目を喫した3日に続く連敗となり、後半戦は3戦未勝利と、他球団の“大谷包囲網”が着々と進んでいる様子。実際、この日の大谷のピッチングには、ある傾向が浮上していた。

 

 

 チームの7連敗となった今季3敗目に、大谷は「全てが良くなかった。真っすぐも変化球も制球できず、打者有利なカウントを与えてしまった。四球も多かったですし、最後までリズムを作ることができませんでした」とガックリ。連敗ストッパー役に期待を寄せていた栗山監督は「久しぶりにバランスを崩していた。いろいろな理由があるんだけど、それはこれからの糧にしてくれればいい」とまだ成長過程にある20歳右腕を責めることはしなかった。

 これで大谷は2試合続いた対ソフトバンク戦で、13回で18安打を浴びたことになる。前回許した9安打のうち7本はストレートを狙い打ちされたもの。しかし、一転して今回の9安打はその6本が変化球打ちと鷹打線の狙いには前回の対戦を踏まえた上での意図が感じられた。

 厚沢投手コーチは「いろいろな重圧がかかっていたと思う。向こうの対策が上を行っていた感じ。ゾーンを(高めに)上げて徹底していた。一発で仕留められる今のソフトバンク打線を認めざるを得ない。次はそれを上回る対策をしないと」と大谷対策に自信を深める鷹打線に最大級の警戒を示した。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!