• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 上原が大体大で素質が開花した理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原が大体大で素質が開花した理由


上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」

大阪体育大時代の上原

 レッドソックスの上原浩治投手(39)はいかにしてメジャーを代表するクローザーになったのか。その軌跡を振り返る後編は大阪体育大時代に焦点を当てる。東海大仰星高での3年間を“補欠”として過ごした上原は同大入学後、一気に開花した。日々の努力を怠らず、素晴らしい仲間にも恵まれことも大きい。しかし、何よりプラスに働いたのはトレーニング。大学時代に現在、中日の二軍コンディショニングトレーニングコーチを務めている塚本洋氏(39)たちと取り組んだトレーニングが今の守護神の基礎になっている。(カルロス山崎通信員)

 上原は大阪体育大の4年間をこう振り返る。

「好きなようにやっただけ。毎日のように投げさせられるわけでもないし、連投だって全然ない。軍隊のように動く大学、野球部じゃなかったから、それが良かったと思う。自分に合っていた? そうですね。多分、強い大学とかに行って投げさせられていたらつぶれていたと思う」

 野球を楽しむつもりで入学した上原の意識を大きく変えたのはトレーニングだ。

「大学でやったトレーニングは今もすごく生きていますよ。今、中日の二軍でコーチをしている塚本さんが(学生コーチ、トレーナーとして)いて、そういう人たちが中心になって(トレーニングなどの)メニューを考えてくれましたから」

 現在の上原を支えているトレーニングはプロではなく学生が考えたものというのは驚きだ。塚本氏はこう明かす。

「ボクはプロ野球のトレーニングコーチになるために大阪体育大学に入った。大学の野球部には専用グラウンドがないので、練習というとトレーニングに時間を割くことになりましたから。グラウンドでやるのはピッチングとランニングとかで、それ以外の大半の時間をトレーニングルームで過ごすとなると、いろんな細かいことの取り組みがしやすいですよね。上原だけじゃなく、チームとしても、出せば出すほどみんなが興味を持って吸収していった。その中心に上原がいて、彼に負けないように周囲がやると、上原がもっとやるという、競争というか盛り上がりがありましたね」

 塚本氏はどうやってトレーニングを確立していったのか。

「モデルにしたのは、『ノーラン・ライアンのピッチャーズ・バイブル』。あと、立花龍司さんの『ピッチャーズ・コンディション』、手塚一志さんの『肩バイブル』。この辺が書籍として出始めた時期で、(これらの本を)軸に野茂さんの調整法も。当時の流行に、大学で学んだこと、(病院やスポーツジムなどの)アルバイト先で学んだことを分かりやすく編集してチームに下ろす、そんなことを繰り返していた。(選手)本人たちも、僕らでいろいろ試してくださいとか、やってみますとか言っていたことも覚えていますが、やる方も伝える側も必死だったと思います」

 そんな塚本氏の熱い思いがメジャー屈指の守護神の土台を作ることになろうとは、当時は誰一人として想像もしなかったことだろう。大阪体育大で過ごした4年間が大きかったと話す上原にとって塚本氏はまぎれもなく“恩師”だ。もっとも、塚本氏も上原に感謝している。

「ボクにとっても大学の4年間は大きかった。ウィキペディアでは、ボクが教育係とか、ボクが上原を育てたって出ていたりする。マスコミ上はね。でも、ボクは上原に育ててもらったと思っている。彼の高い欲求があったから、それに応えると、どっちかというとボクが後追いなんです。彼の求めるレベルが高いから、それに負けないような情報を持って帰らないといけなかった。3年間はその繰り返しでしたね。選手の満足度、成果、効果、パフォーマンスを上げるということに毎日応えていたら、最終的にボクが社会人野球(パナソニック)へ行って、プロまで来られたのは彼のお陰でしかないですね」

 上原が大学時代に学び、現在も続けていることはシンプルだ。

 上原は「走り込んだことかな。大学に入って、自分でメニューを考えるようになって、ほとんど、ずっと走っていましたね。やらされるんじゃなくて、自分からやっていたから楽しかった。やっぱりやらされる野球と、自分からやる野球は全然違うから。その方が実力も伸びていくと思うし、それは少年野球にも言えること。やっぱり楽しいと思えたら、自分からやりますからね」と明かした。選手、指導者にとってこれほど参考になる言葉はない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIオールスター競輪】いわき平競輪場で15日に開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

2018年有力クラブ紹介「ひと口馬主のススメ」
ラインアップは「シルク・ホースクラブ」「サラブレッドクラブライオン」「キャロットクラブ」「友駿ホースクラブ愛馬会」「ローレルクラブ」「東京サラブレッドクラブ」

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は桐生プレミアムGI「レディースチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!