• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 上原「世界一クローザーへの軌跡」打撃投手だった高校時代


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原「世界一クローザーへの軌跡」打撃投手だった高校時代


ページ: 1 2

 レッドソックスの守護神・上原浩治投手(39)は15日(日本時間16日)にミネアポリスのターゲット・フィールドで行われたオールスター戦に初登板し、打者1人を空振り三振に仕留めた。今ではメジャー屈指のクローザーと呼ばれる上原だが、東海大仰星高時代は主力選手どころか、全く無名の存在だった。もちろん、甲子園も経験していない。原石はいかに磨かれ、輝くようになったのか。その軌跡を2回に分けて振り返る。前編は高校の3年間にスポットライトを当てた――。

 

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」

 上原の高校時代でひとつハッキリしているのは、当時からコントロールのいい投手だったということだ。ただし、今では想像もできないが、打撃投手として、という注釈がつく。

 上原は「(打撃投手は)もちろん、やりたくてやったわけではないです」と切り出した。信じられないことだが、高校時代の上原は3年間をほとんど“補欠”として過ごした。2年生の秋に背番号「8」を付けたことがあるというが、上原の意識では「いやいや、(3年間)補欠ですよ」。

 試合に出場する場合は外野手、もしくは三塁ベースコーチ。3年生になると控え投手になり、打撃練習に投げることはなくなった。ちなみにエースは、レンジャーズ時代にチームメートとして再会した阪神の建山義紀投手(38)。上原は、遠い昔の記憶がよみがえってきたのか、こう続けた。

「あのころに意識していたことといえば、リリースポイントとか、ここで離せばここに行くということかな。要するに、打撃投手はストライクを投げないとダメやし、それに先輩相手に投げるわけですから、ストライクを投げなとかってのはありましたからね。気持ち良く打ってもらった方がいいじゃないですか。だからストライクを取るっていうことは、簡単にはなりますよね。だって真ん中に投げればいいわけやから。ただ、投手になったら違いますよ。真ん中に投げることなんてほとんどないので」

 

 上原がエース級の投手や、主力野手だったら、打撃投手を務めることもなかっただろう。だが、それが幸いした。打撃投手を務めたことで、上原の制球力は磨かれた。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!