• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > DeNA入りグリエル唯一の心配は中畑監督との相性


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNA入りグリエル唯一の心配は中畑監督との相性


グリエル(左)の合流に中畑監督は興奮気味だった

 DeNAに新加入した“キューバの至宝”ユリエスキ・グリエル内野手(29)が2日、横浜市内での入団会見後に、西武ドームで行われた一軍練習に参加した。合流を心待ちにしていた中畑監督ともガッチリと握手。しかし、そんな新助っ人にとって最大の懸念材料が指揮官との相性だったという。グリエルに近い関係者は「グリエルは中畑監督のことをまったく知らなかった。キューバ代表のビクトル・メサ監督に近いタイプと聞いて頭を抱えていた」と証言する。

 

 2013年のWBCでもキューバ代表を率いた名将・メサ監督は喜怒哀楽が激しく、ベンチで常に大声を張り上げることで有名。国際試合でも対戦相手国を怒らせる失言も多く、思ったことをすぐに口にしてしまう中畑監督と同タイプ。しかも中畑監督は、采配批判した中村に二軍降格を命じるなどチームの秩序を守ることに頑固な一面がある。前出関係者によれば、天才肌で自分のプレーに集中したいグリエルにとって、中畑監督はやや苦手なタイプの指揮官だという。

 

 それでもキューバ政府からお墨付きをもらい、正規ルートで海外移籍を果たしただけに、グリエルは「セペダ(巨人)と2人でキューバの選手たちへの(海外への)扉を開ける責任がある」とパイオニアの自覚は十分。中畑監督に「(2004年の)アテネ五輪で対戦している」と言われると、笑顔で「ハイ。覚えています」と応じる“大人の対応”も見せた。

 

 この日のフリー打撃では41スイング中10本の柵越えを見せると、二塁と三塁の守備練習でも華麗な動きと強肩を披露。これには指揮官も「打つのも守るのもカッコいい。(一軍デビュー戦の)6日の日本ハム戦(横浜)はサードで。打順は1回に回ってくるところでチャンスを作ってほしい」と「3番・三塁」でのスタメン出場を明言するほれ込みよう。“使用上の注意”さえ間違えなければ、グリエルがDeNAの救世主となりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!