• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > メジャーの強打者ねじ伏せた上原の“魔球”誕生秘話

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャーの強打者ねじ伏せた上原の“魔球”誕生秘話


ページ: 1 2 3

 レッドソックスの守護神・上原浩治投手(38)にとって2013年は忘れられないシーズンだった。中継ぎでスタートし、クローザーに指名されたのは6月21日。すると圧倒的な投球でチームの勝利に貢献し、日本人投手初のワールドシリーズ胴上げ投手になるなど、4度も胴上げ投手になった。今ではメジャー屈指のクローザーと評価される上原の代名詞はスプリット。メジャーの強打者たちが「打てない」と口を揃える“魔球”だ。魔球はいかにして誕生したのか。知られざる苦闘の歴史を明かす。そして14年は――。

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」(正月特別版)

レッドソックスの守護神・上原

 13年の上原は世界一に輝いたレッドソックスのクローザーとして記録にも記憶にも残った。特筆すべきは142キロ前後のストレートと130キロ前後のスプリットと2つの球種でマウンドを支配したことだ。投手は球速だけで評価できないことを証明した。さらに上原が駆使するスプリット、正確には「スプリット・フィンガード・ファストボール」は、メジャーで最も攻略が難しい“魔球”と言える。

 上原がスプリットを投げ始めたのはプロ1年目、1999年のことだった。15年の歴史を振り返ってもらった。

「ここまでコントロールできるとは思っていなかった。やっぱりスプリットには(リリースしたらコースは)あとは球に聞いてくれっていう感じのイメージがあったので、そういう意味ではコントロールできるようになったというか。まあ、100%じゃないですけど、ある程度投げられていると思う。スプリットは自分の生命線でもあると思うのでね」

 投げ始めた99年はどうだったのか。

「最初は全然、ホントにどこに行くか分からなかった。ベース付近に落とせばいいやって考えていた」

 ある程度自分のモノにできたという手応えを感じたのはいつか。

「2002年ですね。なんかコントロールできるというのがあった。日本のボールが投げやすかったというのもあるが、02年ですね。自分の記憶の中では」

 次のステップは…。

次のページへ:投げられるような感覚をつかんだのが02年>

ページ: 1 2 3
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!