• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 虎のエース・能見 複数年契約拒否

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虎のエース・能見 複数年契約拒否


会見で笑顔を見せる能見

 阪神のエース・能見が18日、兵庫県西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円増の年俸1億5000万円の単年契約でサインした。阪神は全選手が契約更改を終えた。

 

 能見は順調なら来年、国内FA権を取得する。球団側は流出を阻止したいと考えており、事前に行われた下交渉では複数年契約を提示したとみられる。

 

 ところが本交渉で結んだ契約期間は1年だった。球団側が複数年の提示を取り消したとは考えにくい。エースはFAについて「何も考えていない」としたが、権利の行使を視野にいれている可能性は高い。

 

 能見は今季、先発の軸として28試合に登板し、11勝7敗、防御率2・69の好成績をマーク。チームの2位躍進の原動力となった。またセ・リーグを代表するエースとしてワールド・ベースボール・クラシック(WBC)にも初選出された。

 

 これらの活躍を評価されての3000万円アップには「いい評価をしてもらえていると感じました」と笑みを浮かべた。ところが今年のチームの戦いについて聞かれると柔和な表情は一転厳しくなり「「前半までは順調にいっていたが後半にああいうふうに(失速して)後味が悪い。非常に悔しいシーズンでした」

 

 2位になったとはいえ、優勝した巨人には12・5ゲーム差をつけられ、クライマックスシリーズでは3位の広島に敗れ、ファーストステージで敗退した。この悔しさを繰り返さないためにも「全体的にいい方向に向かっていかなければいけない。選手としてどうしなければいけないのか、思うことがあるのでキャプテンの鳥谷と相談しながらいい方向に向かっていけるようにやっていく」と力を込めた。

 

「自分がしっかりと先頭に立ってやらないといけない」と、来季への意気込みを口にした能見。リーグ制覇と日本一の向こう側に何を見据えているのか。気になるところだ。(金額は推定)

 

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!