• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > “2人のゴメス”巡る中日と阪神の闘い

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“2人のゴメス”巡る中日と阪神の闘い


アレクシス・ゴメス外野手

【デスクと記者のナイショ話】

 

 中日担当記者:12日、中日はアレクシス・ゴメス外野手(35=米独立リーグ)らドミニカ共和国出身の新外国人4選手の獲得を発表しました。いずれも年俸3000万円以下の格安。約1か月間にわたってドミニカでのウインターリーグを視察してきた森ヘッドコーチは「みんな練習が好きで試合にも出たいと一生懸命になってやっている、そういう選手を見てきた」と期待をかけてます。

 

 デスク:ゴメスと言えば、阪神も11月22日に4番候補としてドミニカ共和国出身のマウロ・ゴメス内野手(29=前ナショナルズ)の獲得を発表したけど、来季はいろいろ比べられそうだな

 

 記者:森ヘッドコーチが「0が1、2個違うだろ」と話したように、阪神のゴメスは1年契約の総額1億2000万円ですけど、中日のゴメスは年俸1000万円プラス出来高払い。でも、森ヘッドは「ウチのは当たれば飛ばす力はある」と年俸ほど実力差はないとみています。

 

 デスク:安いけど負けていないってか。

 

 記者:それから森ヘッドは気になる発言もしていました。「阪神のゴメスは向こうで2、3試合見ただけでいなくなった。いろんな問題がいっぱい出てきた。これ以上のコメントはよそのチームのことだから…」って。

 

 デスク:どういうことだよ。

 

 記者:中日関係者によれば、阪神のゴメスはドミニカリーグのシーズン途中の11月19日からパタリと試合に出なくなってしまい、これが現地では“阪神がゴメスにケガをされないために出さないようにしたんじゃないか”と大ブーイングとなっているそうです。ドミニカリーグは、現地ではメジャーリーガーも出場する一大イベントですからね。中日側は“両ゴメス”がどんな成績を残そうと「次回、ドミニカの選手獲得で阪神と競合することがあってもウチに有利になるんじゃないか」とにんまりしています。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
園田クイーンセレクション(18日、園田競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!