• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「打撃の神様」川上哲治さん死去 戒名は「大徹院赤心哲山居士」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「打撃の神様」川上哲治さん死去 戒名は「大徹院赤心哲山居士」


 プロ野球・元巨人監督で「打撃の神様」「V9監督」として知られた川上哲治さんが28日午後4時58分、東京都稲城市内のよみうりランド慶友病院で老衰のため死去していたことが30日、分かった。93歳だった。

 故人の遺志により、すでに近親者のみによる密葬を執り行った。

 家族によると、川上さんはこの春先までは車椅子にも頼らず元気に過ごしていたが、自宅の居間で転倒し、肋骨(ろっこつ)の骨折。これを引き金に持病の心臓病が悪化し、肺に水がたまるなどの症状を呈し、以来治療に専念してきた。一時は歩行やボール投げなど、リハビリをするところまで回復した時期もあったが、その後、全身の免疫状態が低下する老衰の症状が急速に進んだ。

 戒名は「大徹院赤心哲山居士」。

 川上さんは熊本工から1938年に東京巨人軍に投手として入団し、その後、打者に転向。「赤バット」で人気を博し、人間離れした打撃術から「打撃の神様」といわれた。61年に巨人監督に就任し、65年からは9年連続日本一の偉業を達成した。巨人の背番号「16」は永久欠番となった。

 55歳で監督を退いた後は、70歳を過ぎるまで少年野球教室での子供たちへの指導に力を注ぎ、80歳まではNHKで野球解説の仕事も続けてきた。趣味のゴルフは90歳近くまでカートに乗って、パートナーに助けられながらラウンドすることができた。

 家族は「一日も、ひとときもじっとしていない、どんなことにも常に全力投球で、93年間の人生を駆け抜けていったように思います。悔いのない大往生でございました」と文書で明かした。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!