• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 上原「打たれても取材拒否しない」理由

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原「打たれても取材拒否しない」理由


ページ: 1 2

 レッドソックスの上原浩治投手(38)が絶好調だ。現地時間13日(以下同)の時点で15試合連続無失点。その間、打たれた安打はわずか5本で、22三振を奪い、与四球は1だ。その上原は中継ぎから抑えと役割が変わっておよそ50日になるが、投球同様、自身も全くブレていない。痛打された時でも、必ず報道陣の取材に対応する。さらにほぼ毎日、自身のブログやツイッターを更新しているのだ。その狙いは…。

 

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」(6)

 中継ぎ投手や抑えが相手に得点を許さずに降板しても試合後、取材されることは少ない。記録上で節目となる登板の後、あるいはしびれる場面で勝利に導く投球をみせて囲まれることもあるが、それはまれだ。

 しかし、敗因に結びつくような投球をすると、報道陣に囲まれ、厳しい質問にさらされる。たとえば「勝負を急いでしまったのか」「これまで抑えていた打者だったと思うが」とか、場合によっては「なぜ打たれたのか?」とストレートなものもある。

 このメディアの洗礼をヤンキースのマリアノ・リベラ投手、フィリーズのジョナサン・パペルボン投手、パドレスで活躍したトレバー・ホフマン投手やアストロズなどで活躍したビリー・ワグナー投手などメジャーを代表する守護神たちも受けてきた。

 今季限りでの引退を表明しているリベラはメジャー19年間で通算643セーブをマークし、セーブ成功率は89%を誇る。だが、12日現在、ここ3試合連続でセーブ機会に失敗するなどBSV(セーブ失敗)も78度記録。2001年にはワールドシリーズ第7戦で、痛恨のサヨナラ適時打を打たれ、世界一を逃した。この時も取材にはしっかり対応している。

 6月5日、本拠地フェンウェイ・パークで行われたレンジャーズ戦。試合後のロッカールームで、堂々と米メディアの取材を受ける上原の姿があった。その場面だけ切り取ればヒーローに見える。

 しかし、この日、1―1の7回一死一、二塁で3番手としてマウンドへ上がった上原は先頭打者に投じた初球のストレートを左中間に運ばれ、あっさりと勝ち越し点を献上。チームは2―3で敗れた。

 声のトーンこそはいつもより低かったが、話し方や、記者との接し方に変化はなく、試合を淡々と振り返るなど、むしろ冷静だった。

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕! new
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!