• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 安部と野村“30分差の同級生”奮闘実らず

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安部と野村“30分差の同級生”奮闘実らず


菅野(上)と野村の同級生対決

<巨人6-4広島(25日)>広島は巨人先発・菅野と同級生の野村と安部が大活躍したが、8回に中継ぎ陣が崩れ、まさかの逆転負け。これで対戦成績は1勝8敗1分けとなった。

 2点をリードし勝利目前の8回に悪夢が訪れた。2番手・今村が安打と四球で河内にスイッチしたが、小笠原に手痛い四球を与えて二死満塁の大ピンチ。ここで広島ベンチは守護神・ミコライオを投入したが代打・矢野に同点の適時打を浴びると、続く村田には2点適時二塁打され一気に逆転されてしまった。

 7回までは最高の形で試合を進めていた。特に安部の活躍が目立っていた。2番・二塁でスタメン出場すると初回一死から安打で出塁し、エルドレッドの適時打の間に先制のホームを踏んだ。一死二、三塁で回ってきた2回は二ゴロだったものの、巨人・坂本の一塁への悪送球を誘い、2点の追加点を呼び込んだ。

 4回の第3打席で左中間への二塁打をマークした安部はさらに6回、バックスクリーン右への今季1号ソロアーチ。野村と菅野の同級生先発投手対決に注目が集まったが、その2人と同い年の安部が負けじと奮起した。

 安部と野村には不思議な縁がある。同じ年の安部と野村は誕生日も同じ6月24日。しかも生まれた病院も同じで産声を上げたのもわずか30分違いだったという。

 野村が「話をしていたら同じじゃないかとなって親に確認してみたらやっぱりそうだった」といえば、安部は「北九州の病院で僕が6時で野村が6時半だったみたいです。同じ運命なのかな…」。この事実が明らかになり、二人は「一緒に活躍できればいい」と“共闘”を誓い合ってきた。

 そんな野村は初回、いきなり一死一、三塁のピンチを背負うが、阿部を併殺打に取って脱出すると2回には3者連続三振を奪うなどエンジン全開。6回には阿部に2点適時打を浴びるものの、粘りの投球で7回2失点。「グランドを出たら仲のいい友達。楽しみです」と菅野との投げ合いを制した。

 しかし、リリーフ陣が崩れて逆転負け。せっかくの2人の奮闘も台無しになってしまった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!