• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 上原浩治 爆破テロで再確認した中継ぎのプライド

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原浩治 爆破テロで再確認した中継ぎのプライド


ページ: 1 2 3

 レッドソックスの上原浩治投手(38)は新天地でいきなり大事件に遭遇した。ボストン連続爆破テロだ。街から人影は消え、装甲車が出動する物々しい雰囲気になるなど“平和”とはほど遠い状態だった。そんな中、上原は中継ぎ投手という役割のプライドを再確認したという。先発候補としてメジャーに移籍したものの、今やメジャー屈指の救援投手と評価される上原。中継ぎ投手をどう捉えているのか。これから随時掲載する。

 

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」

 全米を震撼させた憎むべき連続爆破テロが起こったのは2013年4月15日(日本時間16日)だった。レッドソックスは9回一死一塁から4番ナポリが左翼へ二塁打を放ってサヨナラ勝ち。気分良く、敵地クリーブランドへ向かうはずだった。ところが、試合終了から約40分後の午後2時50分、ボストン・マラソンのゴール付近で爆弾が2度爆発した。フェンウェイ・パークからの距離はおよそ1・5キロほどだ。

 上原は自身のツイッターで「なんてことすんねん」と、怒りをあらわにしたが、それでも「テレビや映画の中の出来事のようだった」という。しかし、3連戦を終え、ボストンに戻ってきた19日(同20日)未明。事件は急展開し、容疑者1人が銃撃戦の末に死亡、もう1人が逃走中だった。その日はボストン市周辺は封鎖され、レッドソックスの選手たちは朝から自宅待機を命じられた。予定されていたロイヤルズ戦は延期。上原が待機していたのは容疑者が拘束されたウオータータウンからわずか4、5キロのところだった。

「怖いと言えば怖かった。(同時に)自分には野球しかできない(と再確認した)。(解決に尽力した警察やFBIは)あの人たちはプロ。プロにはプロの仕事がある。自分の仕事にプライドを持ってやるべきだと改めて思った」

 プロのあるべき姿を目の当たりにした上原はこれまで以上に中継ぎという役割に誇りを感じたという。メジャー移籍1年目は先発として起用された上原。2年目に中継ぎ転向を指示されるが、当初は複雑だったという。

ページ: 1 2 3
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。西野ジャパンは初戦にコロンビア(19日)と激突する。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース徳山SG「第28回グランドチャンピオン」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子。準グランプリ=二宮さくら、特別賞=丸吉佑佳

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!