• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > “お得意様”から!帆足566日ぶり勝利

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“お得意様”から!帆足566日ぶり勝利


 ソフトバンクが17日の楽天戦(Kスタ宮城)に5ー1で勝ち、4連勝となった。今季2試合目の登板となった先発・帆足が、5回3安打無失点で移籍後初勝利。西武在籍時、11年9月29日の楽天戦以来、566日ぶりとなる白星を飾った。打線もラヘアの適時打などで援護。開幕から低迷し、膨れ上がっていた借金をついに「1」にまで減らした。

 我慢比べだった。相手先発は阪神在籍時、10年6月2日楽天戦以来、1050日ぶりの勝利を目指す上園。久々の白星をかけて、帆足は毎回のように走者を背負いながらも、粘りの投球を見せた。

 3回、二死から安打と四球でこの試合初めて得点圏に走者を進められた。このピンチにも慌てることなく、スライドしながら落ちるパームを引っ掛けさせ、牧田を料理。4回にも二死から安打と四球でピンチをつくったが、打点王の嶋を二直に抑えた。

 続く5回も四球で出塁させた走者を二塁に送られ一死二塁。この場面でもスライドパームで高須、牧田を三ゴロに打ち取り、再三に渡るピンチを切り抜けた。

 すると、沈黙していた打線も奮起。6回二死満塁のチャンスで、ラヘアが2番手・金刃から右前2点適時打を放ち、左腕に先制点をプレゼントした。秋山監督は86球を投げていた帆足をここで降板させ、6回以降をリリーフ陣に任せた。

 待ちに待った勝利は、やはり楽天だった。西武時代からイヌワシ軍団を“お得意様”としていた帆足はKスタ宮城で目下、3連勝中。09年10月3日に行われたKスタ宮城での一戦以来、黒星を喫していない。相手サイドからは「以前ほどの球威とキレはない」と指摘されていたが、最後まで的を絞らせず決定打を許さなかった。

 開幕カードで負け越した楽天相手に勝ち越しを決め、リベンジに成功。不振にあえいでいた鷹軍も4連勝で借金はついに「1」にまで減った。5割復帰を目指し、第3戦の先発を黄金ルーキーの東浜に託し3タテを狙う。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!