• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 一軍初安打 中日・根尾が先輩も驚く規格外コメント

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一軍初安打 中日・根尾が先輩も驚く規格外コメント


根尾はオープン戦2打席目で初安打をマーク

 中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が14日、西武とのオープン戦(ナゴヤドーム)に「2番・遊撃」で初めてフル出場し、待望の一軍初安打を放った。

 初回一死走者なしの第1打席で今井の2球目、150キロの直球を捉えると、打球は三遊間をきれいに抜ける左前打となった。その後は見逃し三振、投ゴロで、8回は無死一、二塁の好機で空振り三振に倒れて4打数1安打。

 ところが、一軍初安打にも根尾は「少しホッとしているところもあるけど、1本しか打ってないんで、もっともっと打ってアピールしないといけない」と浮かれた様子は一切なし。それどころか、最終打席について「三振で終わったし、そこでどうやって(投手との勝負に)勝つかというのが大事なので、次にチャンスで回ってきた時には絶対打ちたい」と負けん気の強さをのぞかせた。

 さらに根尾は散発6安打でチームが0―3と零封負けを喫したことで自身の責任を痛感。「頭から行かせてもらえて、プレー自体はしっかり攻めていこうとテーマを持って入ったけど、チームとして勝てなかったですし、その原因をしっかり突き止めて、しっかり練習して次の試合を勝てるように準備をしていきたい」と殊勝に話した。

 この発言を知った先輩選手たちはびっくりだ。大島は「普通は(気にするのは)自分の結果なのにね。そこまで背負い込まなくていいと思うし、責任は自分たち(ベテラン)の方にあるのにね。根尾は本当に真面目、優等生だなと思う」。

 チーム関係者も「とてもルーキーの発言とは思えない。チームの勝敗は首脳陣の采配だったり、ほかの選手がその要因に大きくかかわったりするものなのにね。自分の成績以上に、オープン戦といえどもとにかくチームの勝利にこだわる根尾の執念は本当にすごいと思う」と舌を巻いた。

 15日からの二軍・オリックス3連戦(ナゴヤ球場)に出場予定の根尾だが、やっぱりその言動は一軍をはるかに超えた規格外といえそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で開幕中!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!