• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ソフトB武田の技術最強論 「三種の神器」使って投球フォーム作り

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトB武田の技術最強論 「三種の神器」使って投球フォーム作り


平均台に乗り、ネットスローする武田

 ソフトバンクの武田翔太投手(25)が10日、福岡・春日市での自主トレを公開した。スポーツは「心・技・体」と言われる中で今オフの武田は「技」にこだわっており「フォームづくりをメインにやっています。体力面もやっていますけど、もともとありますし、技術が一番大事。体をつくっても使い方がうまくないと無意味なので」と、自主トレ期間中に徹底して技術の向上に取り組むことを宣言した。

「心・技・体」の中で“技術最強論”を提唱する武田は「メンタルが弱いとか言うけど、なぜそうなるかということ。技術面でしっかりとした形を作り上げれば不安もなくなる。体を鍛えても勝負するのは技術。一番最初が技術」と言い切る。

 この日もその言葉通りのトレーニングで、グラウンド上に登場したのは、武田が「三種の神器」と話すアイテムだ。キャッチボールの際には医療用のギプスを装着。さらには傾斜のついた踏み台、そして平均台を足場にして、木の棒を振ったり、実際にボールを投じたりするなど、投球フォームづくりに専念した。

 いずれも久保二軍投手コーチのアドバイスのもとで取り入れている練習だ。昨季は二軍落ちを経験。その際に久保コーチから指導を受けて「自分に合っているなと思った」。下半身を使わない意識で全身を連動させて投げることに取り組んできた。

 自主トレでは同じく久保コーチの理論のもとで覚醒した大竹とタッグを組み、互いにチェックをしながら投球フォームを追求している。完成形にはたどり着いているものの、誤差を修正して好不調の波を小さくすることが現在の課題だという。

 昨季の武田は4勝9敗。その屈辱を晴らすべくトレーニングに没頭している。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!