• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 日本ハム・吉田輝星が語った“初夢”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本ハム・吉田輝星が語った“初夢”


本紙の独占インタビューで大いに語った吉田

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星投手(17=金足農)が本紙の単独インタビューに赤裸々告白だ。プロと大学の間で揺れた進路の葛藤、現状の課題、目指す将来像から結婚観まで、余すところなく大いに語った吉田。いよいよプロとしての年明けを迎えたみちのくの侍が、新年早々高らかに語った“初夢”とは――。

 ――ドラフト当時を振り返って、改めて現在の心境は

 吉田 ドラフトは外れ1位という悔しさはあったんですけど、それよりもうれしかったというのがすごく大きかったです。ホッとしたというか。今の結果は高校3年間頑張ってきた結果。人生の中で挑戦し続けてきましたが(プロ野球は)一番大きな挑戦になる。後悔はしていません。

 ――進路のことでは葛藤もあった

 吉田 甲子園や国体で自分の力を発揮できたことが大きかった。ほぼ毎日、家族会議でしたね。両親には「プロで自分の力を試したい」という言葉だけを繰り返していて、父からは「野球が終わった後のほうが人生が長いんだから、その後のこともしっかり考えろ」と言われてました。自分は甲子園の前から大学がほぼ決まってた状態で、それでもそこで自分が満足してしまったらチームは落ちていく一方なので、プロに行くつもりで練習していた。強豪校を相手にストレートで抑えられたのが自信になりました。

 ――注目を浴びることに戸惑いは

 吉田 最初はそんなに注目されてなかったので「やっときたなー」みたいな感じ。勝って注目されてきたら注目以上にやってやろうという感じでした。僕もそうなんですけど、全体的に目立ちたがり屋が多いので、それがモチベーションになっていた。ファンレターとかもけっこうあったみたいですし、野球で注目されてたいなというのはずっとあります。

 ――今の課題は

 吉田 一番の課題は変化球ですね。下半身の強化はコントロールも安定するし(直球と)同じフォームで(変化球を)投げられるようになるので取り組んでる。ストレートが長所なので、やっぱりできるだけストレートに近い投げ方で変化球を投げられるようにやっています。最終的にはストレートに見えてちょっと動く球、ストレートと同じ軌道で遅い球を身につけられるようになりたい。チェンジアップとかメジャーのムービングファストとか、そういうのを投げられるようになれればいいかなと。

 ――オリックスから金子投手が移籍してくる

 吉田 登板を見られる機会も増えると思うし、そういう場面で疑問に思ったことをどんどん自分から質問して、いろいろと教えてもらえたらと思います。興味あることにはどんどん突っ込んでハマっていっちゃうので、すぐに聞いちゃうんです。人見知りはまったくないですね。

 ――1年後、5年後、10年後の将来像は

 吉田 今年はできるだけ早く一軍に入って活躍するのが目標。5年後は球団のエースとして日本一に一番貢献した選手と言われるように。5年後までには日本一になりたい。10年後には日本で一番の投手になりたい。その先もメジャーとか、さらに上を目指せるなら挑戦したいです。

 ――結婚は

 吉田 ふふっ。できれば自分が現役でやってる姿を、子供に見せられれば最高なのかなと。自分の一番いい時期を見せてあげたい。そのためには20代前半で結婚? うーん、やっぱり映像でもいいかな(笑い)。好みのタイプはあんまりわからないんですよね。芸能人とかでもこの人っていうのがなくて。みなさんステキだと思います。

 ――野球以外の趣味は

 吉田 音楽を聴くのが好きで「三代目 J SOUL BROTHERS」をよく聴いています。ファッションは引退してからも練習ばっかりで、あんまり着る機会がないんですが、やっぱりかっこいい服を着たいなっていうのはちょっとある。髪は知り合いの美容師さんにやってもらってて、だいぶ伸びてきましたけど、基本的には横を短くしてこんな感じです。

 ――本紙のイメージは

 吉田 写真がすごいですよね。バーンって感じで。UFOを見たこと? ないです、カッパもない(笑い)。でも、そういう記事を読むのは好きですよ。プロレスもよく見ます。アクティブというか、バック転とかする人が好きなので、内藤(哲也)さんとか飯伏(幸太)さんとか。タイガーマスクとかも、マスクが取れる瞬間とかよく(動画で)見てました。東スポファン? そうですね(笑い)。

 ――自身の記事もよく読むのか

 吉田 東スポさんに限らず、自分の記事はよく読んでます。どういう評価をされてるのかとか、記事を読んで自分を客観的に見たり、試合でわからないことやダメなことを知るヒントになるので。記事からも勉強しています。

 ――改めてプロでの意気込みを

 吉田 日本一の投手になること。常に上を目指して、日々進化して、できるだけ早く日本一のピッチャーになりたいです。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!