• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 西武・熊代 現状維持の1000万円でサイン「モヤモヤ感は何もない」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武・熊代 現状維持の1000万円でサイン「モヤモヤ感は何もない」


2度目の交渉でサインした熊代

 西武で唯一契約を保留していた熊代聖人外野手(29)が7日、2度目の契約更改交渉に臨み、前回提示と同じ現状維持の1000万円で来季契約にサインした。

 2度目の交渉を終え前回提示額と同じ条件でサインをした熊代は「前回ある程度詰めて話して球団の思いも伝わっていますし、ボクの意見も聞き入れてもらってお互い納得できた中で契約できた。自分が思っていたことだったり、逆に(渡辺SDに)『モヤモヤを残している部分があったらダメだから全部言っていいんだぞ』と言ってもらいました。球団の評価はすごく伝わってきたし、モヤモヤ感は何もないですね」と晴れやかな表情。

「来季は本当にやるだけですし、いいところはそのまま継続して足りなかったところをしっかりやって一軍で今季以上に勝利に貢献できるようがんばりたい」と語った。

 最大の売りである“声出し”については「球団からもやはりムードメーカーというところは言われました。誰でもできるポジションではない」と来季以降も一軍にいる限り試合前訓示を続けていく構えだ。

 渡辺SDは「前回じっくり話しているんで今日はお互いに納得して判を押した感じです。(豪州組を除く全員との契約が完了し)これで来季も一緒に優勝を目指して戦えることでホッとしている」とコメントした。

(金額は推定)

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!