• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 日本プロ野球選手会 国際試合の負担軽減を球団に要求


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本プロ野球選手会 国際試合の負担軽減を球団に要求


会見する巨人・菅野副会長、炭谷選手会長(左)

 労働組合・日本プロ野球選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、2020年の東京五輪など来年から続く国際大会に出場する選手の負担軽減と補償を球団側に求めることを最重要課題にすると決議した。FAで巨人に移籍した炭谷選手会長は「過去にWBCに出た選手で減俸されたり、シーズン中にケガがあってWBC期間中なのか、もともとなのか判断できない事例もあり、そのまま選手生命が終わられた先輩もいる。強化試合も増えており国際試合も3つ(19年プレミア12、20年東京五輪、21年WBC)続く。安心して出られるように」と説明した。具体的な言及は避けたものの“公傷”を球団に認めてもらうルール作りが念頭にある。

 侍ジャパン常連の巨人・菅野副会長も「個人の意見」と前置きしながら「正直、つらい。注目度というか、そういうのをどう位置づけるかによって違うと思いますけど、強化試合に招集しないとか、いろいろ基準というか、そういう制度を細かいところまであいまいにしないで決めてほしい」と訴えた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!