• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 西武がポスティング申請 菊池雄星は「全30球団と契約可能」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武がポスティング申請 菊池雄星は「全30球団と契約可能」


 西武は3日、かねてポスティングシステムでの米大リーグ挑戦を目指していた菊池雄星投手(27)の申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったことを発表した。

 NPBから米大リーグ機構(MLB)への通知もすでに完了しており、菊池はMLB全30球団に契約可能選手と通知され翌日の米東部時間午前8時から30日間の交渉期間に入る。

 西武から同制度でメジャー移籍を目指すのは2005年の森慎二投手(デビルレイズ)、06年・松坂大輔投手(レッドソックス)、08年・三井浩二投手(入札なし)、11年・中島裕之内野手(契約不調)、17年・牧田和久投手(パドレス)に続き6例目となる。

 代理人のスコット・ボラス氏(66)は先のGM会議で菊池について日米報道陣に対応。「左腕はメジャーではプレミアム。今FA市場で最も若く、最も速い球速を持つ投手の一人で需要は高い。メジャーに来るタイミングとしてはパーフェクト。彼の価値をアピールできることを楽しみにしている」とその価値を大々的にアピールしていたが、求める条件に球団側が対応しない場合、交渉を破談にする強行手法も辞さない剛腕ぶりでも知られる。

 可能性としては30日間の交渉期限内に交渉がまとまらず、不調に終われば西武残留の目もゼロではない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!