• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 上原入会持ち越しで浮上した名球会の条件問題

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原入会持ち越しで浮上した名球会の条件問題


 日本プロ野球名球会の総会が23日、東京都内で行われ、投手の新たな入会条件として「100勝100セーブ100ホールド」を加えるか否かが話し合われた。今季は上原(今オフ、巨人から自由契約)が日米通算でこの条件をクリアしている。結果的には持ち越しとなり、山本浩二理事長は「上原の場合、それが規定にないというのが一つある。100勝100セーブはたくさんいる。それプラス、ホールドやから。記録はたいしたもんだけど初めてのことだから」と慎重な言い回しに終始した。

 現状で投手の入会条件は日米通算で200勝以上か250セーブ以上。しかし昨今では投手の分業制が確立され、特に先発投手は中6日が主流。登板機会も1978年の同会発足時と比べて大きく減少している。実際にメンバー内からも「投手の入会条件は時代遅れと言わざるを得ない。一部の人が中継ぎを軽視している感もある。いつまでも200勝と250セーブだけにこだわっていると敷居が高くなり過ぎて投手の会員数は先細りする」との声はある。

 かつて130試合だった公式戦は143試合制となり、打者有利な側面があるのは確か。2000年以降では2000安打到達者28人に対し、投手の新加入は7人と少なく「今後は打者ばかり増えて“名打者会”になってしまうのでは」との指摘も的外れではない。
「野球のシステムは変わってきている。それに対応できるような投手の資格ができれば。来年あたりはそれをやらないと」とは山本理事長の弁。いずれにせよ、名球会がターニングポイントに差しかかっているのは間違いない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!