• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > FA炭谷が巨人と初交渉「原監督の熱い気持ちうれしい」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FA炭谷が巨人と初交渉「原監督の熱い気持ちうれしい」


巨人とFA交渉した炭谷

 西武からFA宣言した炭谷銀仁朗捕手(31)と巨人の交渉が16日、都内で行われ「3年総額6億円」(推定)の条件提示を受けた。

 大塚淳弘球団副代表兼編成担当(59)らと約1時間、プロ13年目で初めて他球団とのFA交渉を行った炭谷は会見冒頭で「まず『来てほしい』ということを言っていただいて、『優勝するために戦力になってほしい』という話をしてもらった」と切り出した。

 交渉の中では「原監督から伝言として『優勝するために力を貸してほしい』と熱い気持ちを伝えてもらった。原監督からそう言っていただけることは非常にうれしい。これからじっくり考えて自分の中でいい答えを出せたらいい」とも語った。

 さらに炭谷は「これから野上にも連絡をするつもり。西武から片岡さん(ファーム内野守備走塁コーチ)も脇谷さんも行っていますし、いろんな人から話を聞こうかと思います」と前向きな思いを語った。

 また今後、巨人以外の球団からの接触の可能性もにおわせながら西武残留も含めた決断の決め手を「何が決め手になるか正直分かりませんけど、いろんな面でじっくり考えたい」と慎重に言葉を選んだ。続けて「(競争は)行使した時点でどこに行こうが、プロ野球選手として、勝負の世界に生きている人間としては当たり前。心の中で『やったるぞ』という気持ちは変わらない。ましてや巨人はリーグも違いますし、全てにおいて大変だと思う。西武に残留してもそれは変わらないです」と正捕手奪取への覚悟も口にした。

 一方の大塚副代表は「好印象。自分では手応えがあったんじゃないかなと思っている。小林もいるが刺激を与えるという意味では最適かなと。以前、V9時代の森監督ともお話しさせていただいたんですけど、毎年どんどんキャッチャーを補強してすごく競争が芽生えたと言っていました。その意味で炭谷選手の補強は最適かなと思う」と交渉の手応えを語っていた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIIウィナーズカップ】大垣競輪場で21日開幕!
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で公開!

【戸田SGクラシック】吉川元浩が2度目のSG制覇
吉川が2007年の福岡「グランプリ」以来となるSG戴冠を果たした。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

コンビニのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後4時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

ボートレース戸田・SG「第54回クラシック」

65歳までの経験者歓迎。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!