• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 「丸、炭谷も欲しい」原監督の剛腕に巨人が戦慄


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「丸、炭谷も欲しい」原監督の剛腕に巨人が戦慄


原監督自ら交渉役に?

 全権監督の剛腕が巨人を戦慄させている。原辰徳監督(60)は14日、FA宣言選手との交渉解禁を前に広島・丸佳浩外野手(29)、西武・炭谷銀仁朗捕手(31)のダブル獲得に乗り出す意思を表明。自らが交渉役を買って出る可能性も示唆した。

 今季固定できなかった中堅手であり長打を計算できる左打者は、まさに補強ポイント。丸の決断を受け、原監督は「若いときから彼のプレースタイル、プレーを見ていて、ジャイアンツにとって非常に魅力のある選手であるということは言えますね」。慎重に言葉を選びつつ、高い評価を口にした。

 炭谷も獲る。「ジャイアンツにはいい捕手もいるけれども、銀仁朗はエース(正捕手)の経験というね。そういう部分では、刺激を入れる(必要がある)ポジションであると」。経験豊富な人材の投入により、若い捕手陣に高レベルのレギュラー争いを生むことが狙いとした。

 チーム編成権は事実上、自らの手中にある。全権監督は「自分の意思は球団に伝えてあります。時が来たらアクションは必ず起こす」と丸、炭谷との交渉への参戦を表明すると「私もジャイアンツの一員として、意思を伝えに行く、ということはあり得る」と自ら出馬する可能性も示した。

 オリックス退団の中島へのラブコールから一夜明け、今度は丸、炭谷獲りも宣言。その剛腕ぶりに、秋季キャンプ参加中の若手ナインの間では「丸さんたちが本当に来たら一軍枠なんて残ってないじゃないですか…」と暗い声も漏れる。

 だがベテランスタッフは「これが本来の巨人なんです。勝てなければ外から誰かがやってくるんですよ。この3年間は由伸のおかげで“奇跡的”に若い選手が多くチャンスをもらっただけ。甘ったれてちゃ困ります」とピシャリだった。

 今オフの補強方針にはすでに賛否両論渦巻いているが、そうした声に惑う指揮官ではない。G党の期待や不安、若手の悲哀も巻き込んで、原巨人がストーブリーグど真ん中を突き進んでいる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!