• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 阪神 上本の“玉突き”FA流出を心配


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神 上本の“玉突き”FA流出を心配


去就が注目される上本

 阪神がFA権行使かどうかに揺れる上本博紀内野手(32)の動向にヤキモキしている。

 依然、熟考中の上本は8日、鳴尾浜球場で練習。自身FAについては「何もありません…」とだけ話した。三拍子揃った実力を高く評価する球団側も「残ってほしい選手だというのは終始一貫変わっていない。来季もうちで頑張ってほしい」(島村副本部長)と複数年契約を提示するなど全力で慰留。矢野燿大監督(49)も直接残留を要請するほどの重要戦力だ。

 そんななか球団が注目しているのが先日FA権行使を表明した西武・浅村栄斗内野手(27)をめぐる他球団の動き。といっても阪神が浅村獲りを決断したわけではない。上本がFA宣言をした場合に「同じ二塁手の浅村がどうなるかによって上本にも影響してくる。浅村を早々に諦めた球団が上本にシフトしてくるかもしれない」(チーム関係者)。浅村のFA交渉の進捗状況次第で上本獲りを画策するライバルチームが現れ“玉突き流出”とならないかを心配しているのだ。

 昨年は大和内野手(31)がFAでDeNAにFA移籍。守備の名手を失ったチームは今季苦しんだだけに2年連続でセンターラインを担う選手の流出となれば一大事となる。

 上本本人が関東志向という情報もあり予断は許さない状況でもある。オリックス・西勇輝投手(27)の獲得に乗り出す阪神だが、野手のキーマンである上本を残留させることはできるのか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!