• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人・岡本 驚がくの160メートル“バックスクリーン破壊弾”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・岡本 驚がくの160メートル“バックスクリーン破壊弾”


岡本の打球が直撃したスコアボードにはポッカリと穴が…

 Gの主砲がクライマックス・シリーズ(CS)突破へ猛デモだ。巨人・岡本和真内野手(22)が12日、ジャイアンツ球場で行われた全体練習で驚がくの“バックスクリーン破壊弾”をぶっ放した。

 打撃練習の終盤、G球場に突如「ドーン!」という破壊音とともに「おぉ~っ」と驚きの声が上がった。和製大砲が放った中堅方向への打球は軽々とフェンスを越え、そのまま高さ15メートル付近のスコアボードを直撃。8番打者の名前が表示される電光パネルにはポッカリと穴が空き、内部がむき出しに…。パネルを覆うガラスも砕け散り、破片が滝のようにグラウンドへ降り注いだ。

 推定160メートル弾に、中堅を守っていた立岡宗一郎外野手(28)も、ただただ打球を見送るしかなく「初めて(打球を追うのを)あきらめました」とビックリ。球場スタッフはホウキとチリトリを手に、急きょ清掃作業に追われたが、その後も岡本は淡々と快音を連発した。

 岡本は9日の阪神との最終戦(甲子園)で2打席連続アーチを放ち、プロ野球史上最年少での「打率3割、30本塁打、100打点」を達成。13日から始まるヤクルトとのCSファーストステージ(神宮)に向けて好調をキープしているようだ。本人は「試合で打てるように頑張ります」とあくまで控えめにコメントしたが、“本番”でも主砲のバットは火を噴くのか、注目だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!