• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ソフトバンクは吉田輝星を回避か 今年はリスク避けたい球団事情

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクは吉田輝星を回避か 今年はリスク避けたい球団事情


侍ポーズを披露する吉田輝星

 今秋ドラフト1位候補の金足農・吉田輝星投手(3年)が10日、プロ志望届を提出したが、ソフトバンクは吉田回避となりそうだ。10日、三笠球団統括本部長は吉田のプロ志望届提出を受け「1位レベルの評価の選手。プロ野球界に関わる人間としてはうれしい。活躍を期待してます」と話した。

 ただ、指名に踏み切れば競合となる可能性が高い。昨年の清宮(日本ハム)や一昨年に入団した田中正義ら、最近3年間は複数球団が競合する“1番人気”を指名したとはいえ今回は勝手が違う。実力に加えてスター性も大きな魅力ながら、来季のV奪回と今後の世代交代を期するドラフトである以上は「吉田に行って(くじを)外した時のリスクが大きい」(球団関係者)との声もある。

 正式には今月中旬のスカウト会議でドラフト方針が話し合われる。報告を待つ立場の王球団会長も「どう評価をするかだと思う。だからダメということには全くならないが、体がずぬけて大きいわけではない。将来についてどう考えるかだと思う。ニーズにもよるが、投手に対しての評価は球団によって違うからね」と話すにとどめた。

 昨年は王会長が同じ左打者で早実の後輩でもある清宮にゾッコンで早々にラブコールを送っていたが、あくまでもソフトバンクでは異例のこと。吉田回避なら誰に行くのか――。

 本来のドラフト方針である「最終的な結論は前日に決める」(球団幹部)べく熟慮を重ねることになりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GIII滝澤正光杯in松戸】松戸競輪場で13日開幕!
注目選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツを配信!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!