• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 巨人が原辰徳氏に監督就任を要請 「前向きに考えます」と受諾の意向

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人が原辰徳氏に監督就任を要請 「前向きに考えます」と受諾の意向


正式に監督就任要請を受け読売本社を出る原辰徳氏

 巨人は10日、球団特別顧問で前監督の原辰徳氏(60)に来季の監督就任を正式要請したことを公表した。東京・大手町の球団事務所で、山口寿一オーナー(61)が「原さんに会って来季の監督を要請しました。だいたい方向は固まったと思っています」と明かした。

 オーナーとの会談後、原氏も報道陣に対応。慎重に言葉を選びつつも「前向きに考えますと申し上げた」と受諾の意向を示したことから、2015年以来となる“第3次原政権”の誕生が決定的となった。

 ただしチームの戦いは現在も続いている。高橋由伸監督(43)は今季限りでの辞任が決まっているが、チームは前日(9日)に3位でCS進出を決めた。山口オーナーは「今は高橋監督とチームを全力で支えたい」としており、原氏の監督就任は全日程終了後に正式発表される見通しだ。

 とはいえ、これを機に新体制への移行は粛々と進む。仮に日本シリーズに進出しても、25日のドラフト会議には原氏が球団の“顔”として出席する。山口オーナーは「原さんは現在、球団特別顧問という立場にある。その立場でドラフト会議など来季の体制作りに関して携わっていってもらおうと考えている」とした。

 原氏も「来季という部分で、スタートはドラフトかなと僕はいつも感じている。非常に大事なものだと思う」と応じると、自身がくじ引き役を務めるかについても「どうでしょうか?」とニヤリとし、否定しなかった。

 ドラフト戦略策定を含むチーム編成業務の責任者である鹿取GMは更迭必至の情勢。球団はGM制度自体の廃止も検討している。山口オーナーが「フロントとチームが一体となって立て直しが必要。原さんにはそうした役割を期待している」としたことからも、原氏にはチーム編成、運営面における“全権”が委ねられる見込みだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!