• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 史上2チーム目のリーグワースト防御率でV 西武・辻監督「今は野球が違ってきている」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

史上2チーム目のリーグワースト防御率でV 西武・辻監督「今は野球が違ってきている」


歓声に応える辻監督(左)

 西武が2001年の近鉄以来、史上2チーム目となるチーム防御率リーグ最下位でのペナント制覇を果たした。

 今季138試合目、開幕から一度も首位を譲ることなくゴールテープを切った西武の持ち味は、チーム打率2割7分3厘、191本塁打、771得点という12球団トップの破壊的ともいえる攻撃力だ。これに同じくトップの128盗塁の機動力が絡んで、いずれもリーグワーストのチーム防御率4・27、636失点、83失策の守備面をカバーしてきた。

 これは01年、近鉄がチーム防御率4・98と最下位ながら自慢の「いてまえ打線」がチーム打率2割8分、211本塁打、770得点と打ちまくってパ・リーグを制して以来、プロ野球史上2度目の珍事となった。

 8度の胴上げの後「選手が本当に助けてくれた。うれしかったです」と優勝インタビューに答えた辻発彦監督(59)は「このチームに入って本当に能力のある選手ばかりだったので、この個性をどう伸ばせばいいのか、失敗しても前を向く姿勢が必要。そう学びました」。結果的に打高投低にならざるを得ない現状の戦力では、「守備のミスはバットで返す」という方向に野球が向かっていったのは必然だった。

「1点をどう取り、守り抜くのか」という野球を突き詰めていた常勝時代の西武で、その堅守の象徴だった指揮官は「昔は昔ですから。今は全く野球が違ってきていると思う」と断言。選手を叱らない指揮官は、どこまでも現状を肯定して譲らない。

※西武の数字はいずれも30日現在

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!