• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > 秋山が語る強力レオ打線の神髄「雑なバッティングする人いなくなった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋山が語る強力レオ打線の神髄「雑なバッティングする人いなくなった」


秋山は21号ソロを含む4安打の大暴れで菊池(左)の13勝目をアシスト

【核心直撃】西武が21日のロッテ戦(ZOZOマリン)に7―4で快勝し、10年ぶりのリーグ優勝へマジック「8」とした。この試合では秋山翔吾外野手(30)が、21号ソロを含む5打数4安打1打点、3得点の大活躍。そんな獅子のリードオフマンが、チームの現状と強力打線について、本紙に本音を明かした。

 ――Vが近づいてきた

 秋山:ファンの方々も期待してくださっているというのはすごく感じますね。ただマジックがつくと何か急に優勝に近づいた感覚というのはあるんですけど、それで優勝できるわけではない。ウチのチームは8年前にやっぱりマジック4を(ソフトバンクに)ひっくり返されているということもあった。僕はその時にまだチームにはいなかったんですけど、そういう話があるとやっぱり、終わってみて優勝できたかどうかだと思います。

 ――マジックを点灯させての戦いは初めて

 秋山:もちろん、初めてですね。油断は全然ないですよ。あんまりマジックは正直当てにしていないというか…。

 ――ソフトバンクや日本ハムの勝敗は常に気になるか

 秋山:気にならなきゃウソになりますよ。やっぱり(ソフトバンクとは)3ゲーム差まで1回、最近は近づいていますし。シーズン中、日本ハムにも(6月末に)ゲーム差なしまで迫られている。ひっくり返されなかったところで自分たちは踏ん張れましたが、それが最後までいけばいい。ここまで来てひっくり返されたら本当に来年以降「どうやったら優勝できるんだ」という、疑心が出る。だから、そういう意味では最後、勝ち切らないといけないシーズン。そういう意味でのプレッシャーもあるし、それを達成したときの喜びもあると思います。

 ――今年はとにかく打線の勢いが止まらない

 秋山:いや、でも開幕して5月あたりは結構皆、研究されて疲労もあり、点が取れなかった試合も多かったし、そこで負けが重なりましたね。そういう意味ではいろいろ受け入れて交流戦のあたりから、しっかり点を取れるところでは取っておこうと(いう形になった)。守っている側からしたら点差がいくらあっても、やっぱり楽に守りたいじゃないですか。ピリピリして何か守りたくないし、できればね(笑い)。投手にも余裕をもって投げてもらいたいというのもあるので、点差が開いたからといって雑にバッティングする人がいなくなったのはチームとしてすごく感じますね。

 ――雑なバッティングとは

 秋山:勝ってても負けてても大量の点差がある中で攻撃となった時に多少、自分としても雑になりがちなんですよ。でもやっぱり点を取るための攻撃であったり、次の日につながるものであったり、次の人につなげるという意識だったり…。そういうバッティングを皆がしているので、気が抜けたような変なアウトにはなっていない。集中力を保ってできているので崩れていないんじゃないかなと思います。

 ――それが徹底されているからこそ12球団トップの得点(21日現在・744得点)なのか

 秋山:監督もベンチでは点差が開いている時に「雑にいくなよ」と言っています。選手同士でもそうですしね。やっぱり油断しちゃいけない。最終的に残るのは自分の数字なので。そういう意味ではチームバッティングをするケースなのか、しっかり塁に出るケースなのか。振りにいったほうがいいケースなのか。皆がそれぞれやっているからこそ、積み上がってきた数字かなと。

 ――残りは12試合

 秋山:終わって喜びたいなという思いだけですかね。やはりホームで(ソフトバンクに)連勝もあったので、しっかりしたゲームをやって勝つだけです。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!