• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > DeNA・パットン リプレー検証結果に異議唱え退場「後悔はない」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNA・パットン リプレー検証結果に異議唱え退場「後悔はない」


パットンはリプレー検証結果に異議を唱え退場

 DeNAのスペンサー・パットン投手(30)が14日の巨人戦(横浜)で今季から導入されたリクエスト制度による判定に異議を唱えたとして退場を宣告された。

 4—2の8回一死二塁で岡本和真内野手(22)を迎え、1ストライクからパットンの2球目が岡本の右手を直撃。これが死球と判定されたが、パットンはスイングだと抗議。

 スイングしたかどうかはリクエスト対象外となるため、ラミレス監督(43)は死球かどうかの判定をリクエストによるリプレー検証を求めた。しかし、判定は覆らず死球で一死一、二塁で再開が決定。

 するとパットンは左手を回してスイングをアピールした上で審判に詰め寄るなどして激高。これが禁止されている「リプレー検証により出た判定に異議を唱えること」に当たるとされ退場となった。

 ラミレス監督は「フラストレーションがたまっていたのかなと思う。投げて打たれたこともあって、ああいったことが出てしまったのかなと。ルール上、これは仕方のないことなので」と淡々と話した。

 試合後、パットンは「非常に受け入れることが難しい判定だった。リプレー(映像)が球場で流れて、皆さんもおかしいと思われたと思います」とした。そして後続の投手に「申し訳なく思う」と謝罪の言葉を口にし「自分が伝えなければいけないことは伝えられたので、後悔はない」と落ち着いて語った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GI全日本選抜競輪】中川誠一郎が2回目のGI制覇
残り1周を果敢に逃げた中川誠一郎が、2016年4月静岡ダービー以来2回目のGI制覇を成し遂げた!

【緊急連載】ジャニーズ帝国に吹き荒れる嵐の深層
国民的アイドルグループ「嵐」はなぜ約2年先の休止を発表したのか?

【プロレス大賞】新日本プロレス・棚橋が4年ぶり4度目のMVP受賞
授賞式は来年1月17日に都内のホテルで行われる。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

65歳までの経験者希望。仕事内容は紙面の校閲作業全般。やる気のある方、上記をクリック!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!