• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 野球 > ソフトバンク和田 杉内への思い吐露「スギがいたからレベルアップできた」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク和田 杉内への思い吐露「スギがいたからレベルアップできた」


引退を表明した杉内俊哉

 ソフトバンクの和田毅投手(37)が12日、引退を表明した盟友、巨人・杉内俊哉投手(37)への惜別の思いを口にした。

 ダイエー(当時)入団は1年違うが、同じ左腕の同級生。和田にとって特別な存在だった。「常に僕にとっての目標であり、ライバルでもあった。スギが完封をすれば、僕も自分もと思ったし、スギが勝ったら自分も絶対に勝ってやろうと投げていた。スギがいたからこそ、プロ野球選手でいられた。どんどん自分もレベルアップできた。本当に感謝しています」

 特に勝負どころでの気持ちのこもった投球は、強く刻み込まれているという。「(1―0で完封して涙した)2010年のダルビッシュとの投げ合いや、(0―0の延長戦の末に両者が失点に涙した11年の)プレーオフでの涌井(当時西武)との投げ合いを見て、一試合、一球にかける思いを学ばせてもらった」と続けた。

 和田自身、光の見えない中で戦っている。初めての肩の故障。懸命にリハビリに取り組んでいるが、原因が分からず現在は投球練習もできていない。「ここだという原因が分かって、これなら治るとか、無理とか分かればいいんですけどね。投げられなくなって3か月くらい。可能性はまだ0ではないかなと思うし、0かもしれないですし。それも分からないので」

 今年が3年契約の最終年。来季について「肩がこういう状態なので」と明言を避けたが、球団サイドは「投げられる状態に戻れば、まだまだローテーションで投げられると思っている」(球団フロント)と戦力として期待している。

 村田(BCリーグ栃木)、後藤(DeNA)も引退を表明した。同世代が次々と球界を去っていく中で、右肩痛を乗り越えた中日・松坂のように和田も復活への道をたどれるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!